ブブカ

Negicco

【BUBKA 10月号】結成15年目のローカルアイドル。「挫折」と「栄光」のドキュメンタリー『Negiccoヒストリー Road To BUDOKAN』絶賛発売中!

活動15年目の新潟ローカルアイドル・Negiccoの歴史を追った1冊『Negiccoヒストリー』。発売して約1ヶ月。読者の方々からは、「彼女たちに諦めない姿勢に勇気付けられた」「人生のバイブルです!」「何度も涙した」など、好評なメッセージが続々届いてきている。
それではグループに初期から関わってきた人にとってこの本の感想はどうなのだろうか? 彼女たちのデビューライブに足を運び、ファンとなり、そして音楽面で現在も支える音楽プロデューサーのconnieさんにお話を聞いてきた。 

【PR】
【PR】

結成15年目のローカルアイドル。「挫折」と「栄光」のドキュメンタリー『Negiccoヒストリー Road To BUDOKAN』絶賛発売中!
 
 音楽プロデューサー・connieが語る「僕とNegiccoが歩んだ14年の青春」

「ポンコツ」なアイドル
 
――「Negiccoヒストリー」が発売して10日が経ちましたが、connieさんの本を読んでの感想をお聞きできればと思います!
connie(以下c)  そうですね、改めてまとめて頂いたおかげで、あの時はこうだったんだ!っていうエピソードがいくつかありました。文字にしてもらって「なるほど」と思ったというか。あと、昔のことすぎて私も記憶が曖昧で忘れてるところもありまして……。
――取材していても、メンバーの記憶と熊さんの記憶が食い違うこともあったりしましたから(笑)。本にも書かれてますが、connieさんとNegiccoとの出会いは彼女たちのデビューライブだったんですよね。
c はい、当時はライブを見て普通に好きになって応援してたんです。途中で脱退したMikuを一番推してましたね。だから、今のファンの方がNegiccoに対して思ってくれているような感覚で接してました。
――ファンになり、その後すぐに楽曲提供してグループを支える側になるわけですが、06年にMikuさんが脱退してしまいます。そこからconnieさんのメンバーに対する接し方もファンからスタッフへと変わったとかで。
c それが一つのきっかけだと思います。あとスタッフとして関わっていく以上、自分で線引きをしないといけないなって思ったんです。ファンの人が同じ楽屋にいたら休めないじゃないですか? こちらがちゃんと線引きをして気持ちを切り替えてあげないと可哀想だなと思ったんです。
――常にファンの人がいたら居心地は……。
c あとは個人的な話ですけど、自分が結婚したことが大きかったと思います。僕自身、結婚する前は女性とどう話していいか……みたいな感じだったんですけど、結婚してから女性とフランクに話せるようになったんです。それで家族的な付き合いっていう感覚になっていったんです。
――connieさん自身の環境も変化があったんですね。あと、一番最初にNegiccoを見た時のことを「ポンコツ」って表現をされてるじゃないですか?
c はい、曲的にもかっこいい感じじゃなかったし、MCも全然できなかったし……。
――そんなNegiccoが「ポンコツ」を卒業した瞬間ってありました?
c うーん。そうですね、そう思えるようになったのは6、7年とかそれぐらい経ってからですかね。それまでは少しずつ成長していく感じで、本当に三人とも子供だったから気持ちが乗らない時は顔に出ちゃったりとかしたこともあって(笑)。
――おお! そんなことが!(笑)。
c 特にNao☆の機嫌が顔に出やすかったんですよ。Meguはわりといつもニコニコしてる感じで、Kaedeなんかは昔は本当に表現することすら危ういというか、踊るのが精一杯みたいな状況でした。それで、調子いい時のNao☆はすごく良いんですけど、機嫌が良くない時は見てても全然響いてこないというか、あの時は(笑)。
 
ーー インタビューの続きは現在発売中の BUBKA 2017年10月号 にて。
 
2003年に結成された新潟在住アイドル・ユニット。メンバーはNao☆、Megu 、Kaede。 現在「にいがた観光特使」を務める。これまでに西寺郷太、矢野博康、小西康陽、田島貴男、池田貴史、土岐麻子、さかいゆう、堂島孝平などのアーティストから楽曲提供を受ける。昨年2016年は中野サンプラザ、NHKホールでのワンマンライブ、新潟苗場にて2daysワンマン「私をネギーに連れてって in Naeba supported byサトウ食品」を行った。2017年春にはZepp DiverCityをファイナルとしたライブハウスツアー「SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~」を成功させた。
Negicco OFFICIAL WEBSITE http://Negicco.net/
 
▼BUBKA 10月号のご購入は全国の書店、コンビニ、および下記ネット書店よりどうぞ!

     
Negicco-ヒストリー-Road-to-BUDOKAN-2003-2011  
地元・新潟での撮り下ろしグラビア(撮影=細居幸次郎)メンバー3人の巻末インタビュー「15年目のスタートライン」など特別コンンテンツも収録
Negiccoヒストリー
Road to BUDOKAN 2003-2011
著/小島和宏
定価◎本体1,389円+税
→ 詳細はこちらから

PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp