2021-09-03 14:20

日向坂46影山優佳、“20歳”を迎えた光文社新書のフェアキャラクターに就任

「光文社新書」創刊20周年フェアのキャラクターに就任した日向坂46影山優佳
「光文社新書」創刊20周年フェアのキャラクターに就任した日向坂46影山優佳

日向坂46のメンバー・影山優佳が、「光文社新書」創刊20周年フェアのキャラクターに就任したことが明らかとなった。

2021年10月、「創刊20周年」=20歳にちなみ、光文社新書レーベルキャラクターである「アランちゃん」の成人式をコンセプトに、フェアを展開する同社。

光文社新書が読者に持たれている若々しさと新鮮さ、軽やかさを強調し、若い読者にも刺さるコミュニケーションを目指し、このたび、日向坂46の影山優佳を迎えることとなった。

影山は、2001年5月8日生まれの現在二十歳。日向坂46の一期生として活動中。2021年、映画やアニメ声優に初挑戦と、初物づくしで大活躍が続く影山は、光文社新書=アランちゃんと同い年の20歳。知らないことを知るには新書がいちばん!と語る彼女の趣味はスポーツ観戦で、 “アイドル界No.1のサッカー通”との呼び声も高い。

店頭POP・ポスター、店頭配布のしおり、フェア書目の帯に影山が登場するほか、撮り下ろしに伴う撮影メイキング動画を光文社新書の公式Twitterや公式noteにアップしていくという。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ BUBKA 2021年10月号 BUBKA 2021年10月号増刊「SKE48 ver.」
BUBKA 2021年10月号コラムパック 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ
Rの異常な愛情(R-指定) 原辰徳に憧れて 赤ヘル偉人伝