2021-09-07 06:00

【BUBKA10月号】PARADISES「やっと見つけた私たちの楽園」

PARADISES
PARADISES
撮影/持田薫 取材・文/真貝聡

前号に登場したGO TO THE BEDSと同じくGANG PARADEから分裂する形で結成されたPARADISES。フレッシュな衣装に包まれた彼女たちだが、この1年で、メンバーのレンタルトレード移籍、新メンバーのキャ・ノンの加入、急なメンバーの脱退など、状況は目まぐるしく変化していた。変化でさえも糧にして、「WACKらしさ」の先を追い求める彼女たちなりの楽園とは。

現役アイドルなのに恋愛番組

――最近、『BUBKA』で(PARADISESの所属事務所)WACKのアーティストを取り上げる機会が増えているんですよ。

テラシマ ふふ、ありがとうございます。WACKって他のアイドルさんからどう見えるのかすごい気になる。

―― 一番はストイックじゃないですか。「生きるか死ぬか」のところで戦っている印象がありますよ。

キラ・メイ 嬉しいです! ありがとうございます。

月ノ 社長の渡辺(淳之介)さんがそういう方だからね。

テラシマ 中途半端に生きるくらいなら死ねっていう。本当にそうだなと思う。それはどんな人生でも言えることやなって。渡辺さんからは「当たって砕けろ」とか「とにかく何かやれ。何もしないことが一番良くない」とよく言われます。

――ところで、皆さんは「WACKらしくない」と言われることが多いそうですね。

テラシマ はい。“キラキラ”とか“フレッシュさ”をテーマにしてるのもそうだし、インスタやTikTokも私たちが初めて取り組んだので、今までのWACKにはなかった系統のグループだと思います。

――去年4月に活動をスタートしたわけですけど、結成の話はいつ聞いたんですか。

テラシマ 一昨年の年末です。カミヤサキちゃんがGANG PARADE((※テラシマ、月ノ、ナルハが所属していた9人組グループ)を脱退する話を事務所で聞かされたその日に「GANG PARADEを分裂させ、グループを2つに分ける」と言われて。

――それがPARADISES(以下、P)とGO TO THE BEDS。

テラシマ グループの創始者であるサキちゃんが抜けちゃって、この先どうなっていくのかを考えたときに、続けない選択肢もあったと思うんですよ。だけど2グループに分裂して、まだアイドルとしての未来を続けていけることに関しては嬉しかったです。

――どういう心持ちでグループをやっていこうと考えてました?

テラシマ 結成が決まったタイミングで渡辺さんから「Pは、今までになかった“新しいことをやっていくグループ”だ」と言われて。これからの関係性や方向性も本当にまっさらな状況から積み上げていきました。

――「新しいこと」というのは例えば何を?

テラシマ それこそPを結成してすぐにナルハは『今日、好き』(『今日、好きになりました。青い春編』)の出演が決まって。言ったら「え、出るの?」って感じじゃないですか。

――アイドルが恋愛なんて、本来はご法度ですからね。

テラシマ 今までのWACKも普通から外れたことをやってきたんですけど、Pはさらに外れたところへ行ったなって。最初にナルハが新しい道を作ってくれたことによって「こういうこともやって良いんだ」と可能性が広がりました。

――インタビューの続きは絶賛発売中の「BUBKA10月号」にて!

月ノウサギ
12月22日生まれ、東京都出身。元GANG PARADEメンバー。WAgg在籍時には、サンシャイン池崎へのリスペクトを込めて、「2時間2000回ジャスティスチャレンジ」を行った猛者。

ナルハワールド
11月5日生まれ、埼玉県出身。元GANG PARADEメンバー。恋愛リアリティショーに「山田なる」として出演し、現役アイドルとしては異例のカップル成立となったが、その後破局。

キラ・メイ
5月23日生まれ、岐阜県出身。毎週金曜日に「#きんたまきらきらめいちゃん」と投稿している。もっと知りたい方はキラ・メイ個人のTwitterをチェック!

キャ・ノン
9月20日生まれ、東京都出身。WACK合同オーディション2021合格者。コント審査では、月ノウサギと一緒に「パンツマン」という謎キャラを発明し、見事1位を勝ち取った大砲級の新人。

テラシマユウカ
11月5日生まれ 、大阪府出身。元GANG PARADEメンバー。映画好きが高じて、映画コラムを連載中。一番好きな映画は、『THE LIMIT OF SLEEPING
BEAUTY』。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 乃木坂46齋藤飛鳥&星野みなみ「断られると思うけど飛鳥と二人旅に行きたい!」
  2. SOMOSOMO、接続詞が繋ぐ6人のスタートライン【BUBKA1月号】
  3. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  4. 乃木坂46中村麗乃「本気度や熱量に影響されて私も生半可な気持ちで出来ない状況が毎日」
  5. 乃木坂46与田祐希「『難しいからやらない』『あきらめる』っていうのは絶対違うなと思う できる限りは全力で挑戦したいなって思います」
  6. 乃木坂46佐藤璃果「田舎から出て、違った世界を見てみたいなっていう気持ちはずっとありました」
  7. 吉田豪インタビュー、中村一義…いつも『最後の聖戦』の気持ちで
  8. 乃木坂46筒井あやめ「お仕事で早退する時に『バイバーイ!』ってみんなが叫びながら見送ってくれるんです 『本当に良い人たちだな』と思って校門の前で泣いちゃいました」
  9. イコラブ沼にハマってみた ep.4 ~佐々木舞香ちゃんのためにファンとして今できること~
  10. 日向坂46影山優佳×宮田愛萌、秀才コンビが導き出すアイドル処世術【BUBKA12月号】
  1. 中国出身のコスプレイヤー零崎沙耶、1st DVDから限界ギリギリにチャレンジ
  2. “新美尻クイーン”椚マイカ、魅惑の美ボディーを引っ提げてグラビアDVDデビュー
  3. 橋本梨菜、現実逃避で海外旅行も「結局世界中どこに行っても仕事してますね」
  4. ショートカットの美形グラドル吉瀬結、29歳大人の魅力あふれる最新作
  5. 日向坂46高本彩花、ベッドで横になって添い寝姿を披露…封入ポストカード第4弾解禁
  6. 日向坂46高本彩花、お気に入りのランジェリー姿を披露「もうひとつ注目してほしいのは足の裏(笑)」
  7. “グラマラスビューティー”藤川めい、規格外のハイスペックボディー輝くレースクイーンを熱演
  8. “ちっぱい横綱”船岡咲、30代初のDVDで限界ギリギリのハイレグ水着にチャレンジ
  9. 「ミスヤングチャンピオン2023」板野優花、グラドル界屈指のスレンダーボディーは芸術の域
  10. “超正統派美少女”永瀬ひな、4代目サンスポGoGoクイーンに選ばれた圧倒的な存在感でグラビアDVDデビュー