2021-10-20 10:30

上白石萌音の写真パネル展が故郷・鹿児島からスタート

「いろいろ」著者 上白石萌音
「いろいろ」著者 上白石萌音
©山本あゆみ

9月25日に発売された上白石萌音の初の書き下ろしエッセイ集「いろいろ」が、4刷が決定し、累計7万部となったことが明らかとなった。そしてこのたび、上白石の故郷である鹿児島を皮切りに、写真パネル展が開催されることとなった。

発売後3日で増刷が決定、その後も勢いそのままに今回4刷が決定し、累計7万部となった。

3回目の増刷について、上白石は9月19日に開催された初シングル「I’ll be there / スピン」発売記念YouTube Liveのイベント会場でサプライズ発表。お祝いのケーキに笑顔があふれる一面もあった。

そんな上白石、11月1日(月)からは、初代ヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の放送が開始する予定だ。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて