2021-10-31 11:00

SKE48古畑奈和&江籠裕奈、汗と涙の3650日【BUBKA12月号】

10月29日に発売された「BUBKA12月号」に、SKE48の古畑奈和と江籠裕奈が登場。本記事では、誌面に掲載されたインタビューを抜粋、その一部を紹介する。

「BUBKA12月号」に登場したSKE48古畑奈和と江籠裕奈
「BUBKA12月号」に登場したSKE48古畑奈和と江籠裕奈
撮影/成田智広

――10周年おめでとうございます!

2人 イエーーーーイ!

――正確には、10年前の10月16日がオーディションの最終日でしたが、私、たまたま会場におりまして。今日はその時のノートを持ってきたんですよ。

古畑 えーー!

江籠 「かわいい」って書いてあるかな?

――審査員じゃないですから(笑)。応募者5988人の中から最終審査に進んだのが84人でした。

古畑 おー。ダンス審査は『フライングゲット』だったよね? まったく踊れなかった。

江籠 そう。私も。

――自分の番号、覚えてます?

江籠 35番!

古畑 覚えてないです(笑)。

――78番ですね。で、何人かずつ『フラゲ』を踊って、2人とも通過しました。

古畑 私、「ダンス審査さえ通れば、SKE48になったも同然」くらいの気持ちでいたんですよ、なぜか(笑)。

江籠 私は何も考えてなかった。親に連れて来られたから。そもそもお母さんが私をオーディションに出した感じだったし。AKB48は好きだったけど、「SKE48になりたい!」っていう感じではなかった。

古畑 まあ、私もそんな感じだった(笑)。AKB48のことは普通に知ってたけど、将来は大学に行かないという目標を立てていて。毎日決まった時間に起きて、電車に乗って通勤するみたいな生活から逃げたいと考えた時に、「じゃあ、芸能の道を行けばいいな」っていう。

江籠 そんなこと考えてたんだ! 私、小6だったから、そんなこと考えてなかった。

古畑 芸能界って毎日違うことしてて、楽しそうだったから。それもオーディションを受けた理由のひとつです。

【電子版のご購入はこちら】

「BUBKA12月号電子書籍限定版」表紙はSKE48江籠裕奈×古畑奈和
「BUBKA12月号電子書籍限定版」表紙はSKE48江籠裕奈×古畑奈和

Amazon

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊国屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて