2021-10-31 11:00

SKE48古畑奈和&江籠裕奈、汗と涙の3650日【BUBKA12月号】

人生の選択

――初期のレッスンはいかがでした?

江籠 セレクションがあったんです。それに向けての練習が始まりました。そのために4曲覚えるんです。

古畑 発売されたばかりの『オキドキ』……。

江籠 『1!2!3!4!ヨロシク!』と『手をつなぎながら』と、あと1曲なんだっけな。レッスンでは、踊れる子が前にいて。

古畑 頑張れ組は後ろにいてね。私ともう2人は居残り組(笑)。「帰れると思っちゃダメだよ」「あいっ!」つって(笑)。

江籠 最初のレッスンで踊れる子3人が前で踊ったよね。

古畑 あった! わーー!

江籠 菅なな子、新土居沙也加、市野成美の3人なんですけど、みんなダンス経験者。

古畑 ウチらが見ても、何が上手なのかもわかんないで、ただ見てるだけで。

――11月26日の「SKE48リクエストアワーセットリストベスト50 2011」がデビューでしたけど、『大声ダイヤモンド』の立ち位置ってどう決まったんですか?

江籠 先生たちが決めたんじゃないですかね? よくわかんないですけど。

古畑 でも、当時は立ち位置がどことか、気にしてなかったです。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  2. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  3. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  4. “水ダウ”藤井健太郎דWACK”渡辺淳之介「悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術」刊行記念対談
  5. 日向坂46高瀬愛奈×富田鈴花、先輩後輩を超えた“ 推し”対談【BUBKA12月号】
  6. R-指定が語る、団地が生んだ「路上の詩人」O2
  7. 乃木坂46与田祐希「『難しいからやらない』『あきらめる』っていうのは絶対違うなと思う できる限りは全力で挑戦したいなって思います」
  8. プロ野球界において、「落合博満」こそ、最高のエンタメだ。〈ノーカット版〉
  9. NZA(永野)×D.O、楽しむという鎖に繋がれた異端児が再び交わる、白昼堂々130分!
  10. R-指定(Creepy Nuts)、“R流”楽曲制作のロジックと計算式
  1. 乃木坂46・矢久保美緒の「3期生さん全員ママ化計画」に最後の砦、岩本蓮加は「私には理解できない」と断固拒否!
  2. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  3. 乃木坂46五百城茉央の“添い寝姿”を収めた封入特典ポスターカット解禁
  4. 僕が見たかった青空による青春グラビア!『週刊少年マガジン』初登場
  5. 乃木坂46井上和&五百城茉央、鉄板の必殺技は「お腹いっぱい」も先輩・久保史緒里から「20歳になるまでやりなさい」という忠告でやめられない⁉
  6. 乃木坂46井上和、“シンプル美”の極み…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より特別カット続々到着
  7. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  8. 日向坂46富田鈴花&松田好花“花ちゃんズ”と春日俊彰のコラボに若林正恭が抱腹絶倒
  9. 乃木坂46久保史緒里、梅澤美波らが“飯テロ”おつまみ紹介「深夜に食べても次の日に残らない」
  10. 日向坂46金村美玖が表紙に、富田鈴花が巻末グラビアに登場