2021-10-30 19:00

SKE48荒井優希、人生初の“ビンタ”に気合!!久々のシングルマッチ決定に「自分のできることを全部出せたらベスト」

東京女子プロレス両国KFCホール大会より
東京女子プロレス両国KFCホール大会より
©東京女子プロレス

SKE48の荒井優希が、10月30日、東京女子プロレス両国KFCホール大会に出場。辰巳リカ、らくとのトリオで、愛野ユキ&小橋マリカ&猫はるな組と対戦した。

序盤、荒井は相手チームに捕まるが、小橋をボディースラムでたたきつけ、ピンチを自力で切り抜る。この勢いにらくも躍動。荒井が愛野にフルネルソンバスター、辰巳が猫にドラゴンバックブリーカーを同時に決める場面もあり、最後は辰巳が猫にツイスト・オブ・フェイトを決めて勝利を収めた。

試合後、マイクを取った辰巳は荒井に「8月の後楽園でシングルマッチやる予定が流れた。ものすごい楽しみにしていたから11・25後楽園でやりませんか?」と呼び掛け、これに荒井も「私も楽しみにしていたんです。こちらこそよろしくお願いします!」と応じて、ガッチリと握手。しかし、直後に辰巳から荒井に張り手が見舞われ、「容赦なくいくから覚悟してて!」と気合を入れられた。

会場では新年1月4日、8日、9日の大会への荒井の出場も発表された。次戦11月13日は、出身地京都での大会に出場、11月25日後楽園ホールでは辰巳とのシングルマッチに挑む。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて