2021-10-04 05:00

乃木坂46遠藤さくらの透明感…THE FIRST TAKE「きっかけ」より

「THE FIRST TAKE」に登場した遠藤さくら
「THE FIRST TAKE」に登場した遠藤さくら
©BUBKA

2021年9月、一発撮りの臨場感ある歌映像を配信する「THE FIRST TAKE」に乃木坂46が出演しました。遠藤さくらさんによる「きっかけ」、生田絵梨花さん、久保史緒里さん、賀喜遥香さんによる「やさしいだけなら」の2曲を披露しています。

「きっかけ」は2016年5月25日に発売されたアルバム『それぞれの椅子』に収録された曲で、メンバーやファンから人気のある1曲です。「制服のマネキン」「君の名は希望」「サヨナラの意味」など、乃木坂46を代表する数々の名曲を手がけた杉山勝彦氏が作曲し、楽曲を評価したMr.Childrenの桜井和寿さんがライブでカバーしたこともある曲です。

THE FIRST TAKEには、これまで多くのアーティストが出演しており、DISH//の北村匠海さんが歌った「猫」や、LiSAさんの「紅蓮華」、YOASOBIさんの「夜に駆ける」は再生数が1億回を超えています。音楽が好きな人に限らず、幅広い世代の人々が見るコンテンツです。

その中で乃木坂46の名前を背負って1人で歌う遠藤さくらさん。4期生の彼女が感じるプレッシャーは計り知れません。映像は緊張した面持ちでマイクの前に立つところから始まります。そしてヘッドホンを装着するも、逆につけてしまって慌てて戻す彼女。歌の前ですが思わず笑ってしまうシーンに、一発撮りの面白さを感じます。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS