2021-10-09 22:15

SKE48荒井優希、初対戦のアジャコングに“一斗缶攻撃”も食らい完敗

「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」大田区総合体育館大会より
「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」大田区総合体育館大会より
©東京女子プロレス

SKE48の荒井優希が、東京女子プロレス年間最大の祭典「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」大田区総合体育館大会でのタッグマッチで、アジャコング選手と初対戦した。

荒井は、アップアップガールズ(プロレス)の渡辺未詩選手とタッグを組み、アジャコング・宮本もか組とスペシャルタッグマッチで対戦した。

序盤、荒井はエルボーを続けざまに繰り出すも全く効かず、アジャからは「自己紹介だ」と強烈なパンチを食らう。

宮本と対峙すると打ち合い、投げ合いに持ち込めるものの、アジャには全然歯が立たず。

それでもスリーパーをかけようと果敢に挑んでいったものの、軽々と持ち上げられ、背中におぶさるような格好に。

中盤にはパートナーの渡辺が宣言通り、得意技ジャイアントスイングをアジャに仕掛けるも、回すことはできず、さらに荒井はアジャからの一斗缶の洗礼を浴び倒れ込むも、渡辺に救われる。

終盤になり、渡辺との連携でビッグブーツを決めると、その流れでFinally(かかと落とし)を成功させ、フォールを奪おうとするが、阻止され断念。荒井はアジャに初めてのバックドロップを決められたものの、2カウントで自力で返すが、最後はダインビングエルボードロップで無念のダウンとなった。

Twitterでシェア

関連記事