2021-10-12 05:00

坂道グループ、ライブや握手会のもう一つの楽しみ方…「祝花」

“見る”楽しさ

出演番組や共演者から贈られる祝花
出演番組や共演者から贈られる祝花

初めて祝花を意識したのは乃木坂46のライブ会場でした。お花の写真を撮っている人たちを見て「なぜ写真を撮っているのだろう?」と疑問に思ったのが始まりです。近づいてみるとバナナマンさんから乃木坂46へ贈られたお花で、番組MCや出演した番組の他、スポンサー、出版社、共演した芸能人などなど、さまざまな方から届いていることを知りました。

その後、ファンの方々が贈ったお花を見て、バルーンやリボンなど装飾に凝ったもの、推しメンのサイリウムカラーに合わせた綺麗な色のもの、メンバーが好きなキャラを形にしたもの、さまざまな種類があって徐々に見るのが楽しくなっていきました。

スタンド型の大きなものに目が行きがちですが、机に置くタイプのアレンジ花やプリザーブドフラワーも可愛いです。最近だとメンバーの衣装をモチーフにしたフラワードレス(ミニトルソー)がとても印象的で、坂道グループの世界観を表現するのにぴったりだなと感動しました。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて