2021-10-12 05:00

坂道グループ、ライブや握手会のもう一つの楽しみ方…「祝花」

“贈る”楽しさ

祝花を見ていると「自分も贈ってみたい」という気持ちがだんだん沸いてきます。「贈るのは大変なんだろうな」「きっと高いんだろうな」と思ってなかなか手が出しにくいかもしれませんが、何事もやってみることが大切です。お花を贈る上で大事なのは「気持ち」なので、まずは小さなアレンジ花に想いを込めて贈ってみることをオススメします。

ライブ会場に祝花を贈る場合、運営から事前にアナウンスがあります。レギュレーションと呼ばれるルールで、会場やイベントによって異なることもあるので事前にしっかりチェックしましょう。

あとは依頼するお花屋さんにレギュレーションを伝えればOKです。デザインや作成期間はお花屋さんによって違うので、早め早めに準備しましょう。お花屋さんによってはチャットでフラワーデザイナーさんとやりとりできるところもあるので、自分に合ったお店を見つけるのが大切です。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて