2021-10-12 05:00

坂道グループ、ライブや握手会のもう一つの楽しみ方…「祝花」

スタンド花のような少し値が張るものを贈る場合は、気心知れた仲間やファン同士で集まって贈ることも多いです。自分で企画する際に金銭トラブルが心配な方はクラウドファンディングを利用するのも一つの手です。私自身、大園桃子さん卒業の際に贈ったお花はクラウドファンディングの「ミンサカ」でファンの皆さんと一緒に贈りました。

お花に気持ちを込めてメンバーに贈る。これはファンレターや握手会とはまた違った楽しさがあります。たくさんのお花が会場を飾って華やかになればメンバーやスタッフの皆さんにもファンの応援する気持ちが届くと思います。「見る楽しさ」「贈る楽しさ」人それぞれいろいろな楽しみ方ができる「祝花」にぜひ注目してみてください。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて