2021-11-01 11:00

AKB48最年少・徳永羚海、初めてのソロインタビュー【BUBKA12月号】

10月29日に発売された「BUBKA12月号」に、AKB48の最年少・徳永羚海(れみ)が登場。本記事では、誌面に掲載されたインタビューを抜粋、その一部を紹介する。

「BUBKA12月号」にAKB48・徳永羚海が初登場
「BUBKA12月号」にAKB48・徳永羚海が初登場
撮影/幸田昌之

――AKB48最年少の15歳が初登場、初ソロインタビューです!

徳永 ありがとうございます! 写真を撮られることが好きなので、とても嬉しかったです。複数メンバーでの経験はあったけど、一人だとポーズをとるのはちょっと難しかったです。

――中学校生活とアイドルの両立はどうですか?

徳永 配信やSNSをするのは楽しいんですけど、時間の使い方とかが難しいです。あと、コンサート期間は振付を覚えたりで、勉強が遅れることもあるけど、友達が助けてくれています。家族も最初は心配していましたが、「羚海がしたいなら」って背中を押してくれました。3月の舞台(『マジムリ学園 蕾‐RAI‐』)も観に来てくれて。クリスマスにはプレゼント交換をするぐらい家族の仲がいいんです。

【電子版のご購入はこちら】

「BUBKA12月号増刊」表紙はAKB48村山彩希
「BUBKA12月号増刊」表紙はAKB48村山彩希

Amazon

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊国屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて