2021-11-01 18:00

アイドルのへそ#17 なぜHKT48はこの布陣で11・17日本武道館に挑むのか?【BUBKA12月号】

10月29日に発売された「BUBKA12月号」より、注目の記事を抜粋して紹介する本記事。今回は連載企画「アイドルのへそ」をお届け。

運上弘菜をセンターに今回の出演メンバーである田中美久、松岡はな、渡部愛加里が
フロントを固める。“今”のHKT48の姿がここにある
運上弘菜をセンターに今回の出演メンバーである田中美久、松岡はな、渡部愛加里がフロントを固める。“今”のHKT48の姿がここにある

ももクロのあーりんが主宰するイベントとして、過去には本誌でも大特集を組んできた『AYAKARNIVAL』が今年もやってくる! その参加メンバーの中で注目されているのが初参戦のHKT48。その裏にあるものとは?

11年目へのアクション

11月17日に日本武道館で「AYAKARNIVAL2021」が開催される。

このイベントは2019年にスタートしたアイドルフェスなのだが、主宰するももいろクローバーZの佐々木彩夏が「いままでのアイドルイベントとはまったく違うものにしたい」ということで、あえてライブタイトルに「フェス」という文字を入れなかった。当初はどんな反応があるのかわからなかったが、1回目で大きな反響があったことから、年1回、定期的に行っていこう、ということになり、今回で3回目を迎えることとなった。

そもそものきっかけは、いわゆる「アイドル戦国時代」と呼ばれるムーブメントからアイドルブームが大爆発した2010年代が終わるにあたって、2020年代もアイドルにとって輝かしい時代が続くように若いアイドルグループに注目してもらいたいという願い、そして佐々木彩夏の「アイドルちゃんたちには常にキラキラしていてほしいし、キラキラできるステージを提供できれば」という熱い想いだった。

コロナ禍で開催が危ぶまれた昨年は規模を縮小しながら敢行されたが、これも「こんな時期だからこそ続けていかなくては」という強い意志があってのこと。そして3回目にして、ついに「アイドルの夢」である日本武道館に到達した。

【電子版のご購入はこちら】

「BUBKA12月号」表紙は日向坂46上村ひなの、髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世
「BUBKA12月号」表紙は日向坂46上村ひなの、髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世

Amazon

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊国屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて