2021-11-05 11:00

【BUBKA12月号】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第36回「武藤敬司」

10月29日に発売された「BUBKA12月号」より、注目の記事を抜粋して、その一部を紹介する。

天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る
天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る
写真/熊谷貫

天龍源一郎は、その40 年間の“腹いっぱいのプロレス人生”で様々な名レスラーと出会い、闘い、交流した。ジャイアント馬場とアントニオ猪木の2人にピンフォールでの勝利を収めた唯一の日本人レスラーであり、ミスタープロレスとまで称された天龍。そんな天龍だからこそ語れるレジェンドレスラーたちとの濃厚エピソードを大公開しよう!

武藤の間の取り方はジャストタイミング 勝敗を問わず嫌な思いをしたことないよ

新日本プロレスの選手と数多く戦ってきたけど、武藤敬司の場合は試合運びとか、間の取り方とか、俺がアメリカで習ってきたことと同じというか“波長が合うな”と感じましたよ。新日本の選手じゃなくて、アメリカで仕込まれたレスラーっていう感じだったね。彼はまだ頭が柔らかいデビュー1年でアメリカに行ったから、アメリカのプロレスとかタイミングを習得してきたんだと思うよ。

それが、俺がよく言う「三沢は上手で武藤は巧い」っていうのにつながるんだけどね。武藤は臨機応変にパパッとやれるっていう印象が俺にはあるよね。時としてリングの上でハプニングが起きた時でも、武藤はそれを自在に利用して試合を成立させられるんだよね。

【電子版のご購入はこちら】

「BUBKA12月号コラムパック」

Amazon

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊国屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて