2021-11-05 11:00

【BUBKA12月号】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第36回「武藤敬司」

でも、試合をやるとしたらグレート・ムタより武藤敬司の方がやりやすい。グレート・ムタで出てくると、自分のキャラクターに凝り固まって、どうしても試合が止まっちゃうんだよね。それが好きじゃないんだよ、俺はね。キャラを出し過ぎて、取りつく島もない試合になっちゃうんだよ。

ムタのカラーを出さないと客は喜ばないし、そのカラーを消しちゃったらムタが存在する意味もないし、戦っている意味もないから、結局はムタのペースでやらなきゃ成立しないんだよ。

ムタは自分のキャラクター優先だけど、これが武藤敬司になると、さっき言ったように巧いから、必ず試合を転がしていって“自分自身もアピールしたいし、対戦相手のよさもアピールしたい”っていう武藤敬司が出てくる。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ