2021-11-05 18:00

【BUBKA12月号】アイドルクリエイターズファイル#12 関美彦(作曲家、シンガーソングライター)

――ももクロが入口になったんですね。

 それからアイドルに曲を書くまでは4~5年かかっていて。そのあと、僕は脱原発集会みたいなのに行ってたんですけど、そこに制服向上委員会が出てて。

――『ダッ!ダッ!脱・原発の歌』を歌ってた頃の。

 そうです! ああいう集会って、なんの更新もされていないフォークソングだったりとか、よく存じ上げないんですけどラップの人とかがやってたりしていて、自分が見た感じ、音楽の見せものとして成り立ってるのが制服向上委員会だけだったんですよ。華があったし、メッセージを言わされてる感含めて面白かったんですね(笑)。

そうこうしているうちに橋本美香さんとの交流が始まるんです。僕も音楽やってるんです、アイドルに曲を書きたいんですよって恥ずかしげもなくお話をしてたら、じゃあ書いてくださいと言われて。髙橋(廣行)代表と会ってお話をして、新しい才能はいつでも待ってるから、ということで歌詞が送られてきて。詞が先で曲をつけたのが最初です(『嘆きの詩人』)。

――アイドルに曲を書いたのはSKiが最初だったんですね! 手応えとしてはどうだったのでしょうか。

 正直なところ、できれば最後まで自分でやりたかったなと思いました。オケを提出するまでで、歌入れには立ち会えなかったので、こういう感じになるんだと思って驚きました。ただ、髙橋代表の詞は異常に曲がつけやすかったのは覚えてます。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 苦戦するオリックスバファローズに現れた救世主!勝利の女神は今TikTokで話題のこの子だ!!
  2. 乃木坂46佐藤璃果「田舎から出て、違った世界を見てみたいなっていう気持ちはずっとありました」
  3. 乃木坂46・山下美月が作詞したソロ曲『夏桜』に散りばめられた“乃木坂46愛”を読み解く
  4. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  5. 乃木坂46久保史緒里×遠藤さくら、私のために 仲間のために
  6. 乃木坂46齋藤飛鳥&星野みなみ「断られると思うけど飛鳥と二人旅に行きたい!」
  7. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  8. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  9. 乃木坂46星野みなみ「才能もあるのに努力もする。飛鳥は完璧なんで」
  10. 乃木坂46 新成人メンバーの絵馬に込められた想い
  1. 芳根京子、ノースリーブで美腕披露!大人の魅力あふれる最新夏スタイル
  2. 苦戦するオリックスバファローズに現れた救世主!勝利の女神は今TikTokで話題のこの子だ!!
  3. 剛力彩芽、ウエディングドレス姿を披露!自身の結婚願望は…?
  4. 日向坂46松田好花『週チャン』初登場「春を感じるパステルカラーの衣装にも注目してもらいたい」
  5. 乃木坂46山下美月、美肩がチラり「RESEXXY」2024 SUMMER新ビジュアルが公開
  6. 乃木坂46佐藤璃果「田舎から出て、違った世界を見てみたいなっていう気持ちはずっとありました」
  7. 日向坂46小西夏菜実、グループ随一のクールビューティーが透き通る美貌を披露
  8. 乃木坂46佐藤璃果“逆あざとかわいい”魅力爆発で演技派女優に名乗りを上げる!?
  9. 日向坂46加藤史帆、洗練された美しいグラビアショット!齊藤京子との思い出も
  10. 宮脇咲良がブルーのロングヘアで“美しく強い髪”を表現!ヘアケアライン「&be HAIR」のモデルに決定