2021-11-03 17:30

乃木坂46・生田絵梨花さん卒業発表…新しい道を切り開いてきた軌跡

記憶に残るエピソードの数々

生田さんといえば、インパクトの強い話や映像がたくさん浮かびます。自己紹介の際にいきなり出身の「ドイツ」で盛り上がることもしばしば。明石家さんまさんの番組に乃木坂46メンバーが出演したとき、最初に生田さんが出身地を聞かれて「ドイツ生まれです」と答えて、まさか海外が最初にくるとは思わず「いきなりオチ…」とずっこけることもありました。

初期の「乃木坂って、どこ?」では「どんどんいくどん生田どんっ. U~DON!」というキャッチフレーズが生まれて、長らくブログタイトルに「〜don」を付けていたのも懐かしい思い出です。

他にも、今や伝説となっている“だし巻き卵”の料理(フライパンも何も置いていないIH調理器に溶いた卵をそのまま流して、その上に煮干しと昆布を置く)、画伯と呼ばれる特有の絵(スフィンくん、E.T.…etc)、イクタリアンやエリフラワーなどのキャラクター、フィンランド民謡「イエヴァン・ポルッカ」、天井に同化、ジャイアン的な振る舞い…などなど。キーワードを挙げるだけで関連した話や映像が頭に浮かぶのは、それだけ生田さんが印象的だったからなのだと思います。

もちろん、こうしたインパクトの強いものだけではありません。写真集の「転調」や「インターミッション」に代表されるような生田さんの可愛さ、美しさ。メンバー想いな彼女の一面、例えば、生駒里奈さんや中元日芽香さん・伊藤万理華さんなどの卒業メンバーを涙を流して見送る姿。そして最近では後輩メンバーから温かいエピソードも紹介されています。

遠藤さくらさんが歌唱中に靴ひもがほどけてしまった際に生田さんに助けてもらった話や、THE FIRST TAKEの撮影に緊張した賀喜遥香さんにペットボトルのお水を渡してさりげなく励ました話など、優しい先輩としての心温まるエピソードもすてきです。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. “水ダウ”藤井健太郎דWACK”渡辺淳之介「悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術」刊行記念対談
  2. 乃木坂46秋元真夏「不安よりも『いまはまだ卒業できない』という状況になったことのほうが私にはうれしくて アイドルでなくなることが一番困ることなんです」
  3. RHYMESTER宇多丸のマブ論、やっぱ最高峰、Perfume!そして、偉大なりしょこたん!
  4. 渡辺正行「テレビに出る前の原石を、たくさん見ることができたのは幸せですよね」
  5. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  6. 佐久間宣行Pが今のアイドル業界であえて火中の栗を拾ったワケ~吉田豪インタビュー
  7. 乃木坂46与田祐希「『難しいからやらない』『あきらめる』っていうのは絶対違うなと思う できる限りは全力で挑戦したいなって思います」
  8. R-指定(Creepy Nuts)が語るスチャダラパーの時代
  9. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  10. クリープハイプ尾崎世界観、「生きづらさ」ゆえに感じる「生きやすさ」…吉田豪による新連載スタート
  1. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  2. 齋藤飛鳥「普通にお断りしました」、『【推しの子】』知られざるエピソード
  3. 櫻坂46増本綺良のはしゃいだ後の“自業自得”な展開に土田晃之が大笑い
  4. 乃木坂46井上和、36thシングルセンターに決定「あの時よりももっとしっかり覚悟を持って」
  5. 乃木坂46・弓木奈於が『ラヴィット!』全曜日出演記念のキレ顔Tシャツを普通に着ているのが面白すぎ!
  6. 乃木坂46梅澤美波の“乙女心”に設楽統がまさかの共感「俺も教えたくない」
  7. 乃木坂46・池田瑛紗が「神ジューデンガール」に大変身!初の単独CMに「ビジュアルがやばい!」の声が続出!!
  8. 白石麻衣「ジュエリーは生活する上で体の一部といっていいくらい常に身に付けている」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門に選出
  9. 日向坂46河田陽菜、下駄が破れて「なんくるないさ~」独特の告白シチュエーションに一同爆笑
  10. 篠原涼子、17年ぶりの受賞に「本当に光栄…ジェリーにも負けないぐらいの年の重ね方を」