2021-11-15 10:00

日向坂46宮田愛萌の“推しの一冊”は古典「虫めづる姫君」

“司書”の資格を持つ日向坂46宮田愛萌
“司書”の資格を持つ日向坂46宮田愛萌

日向坂46の宮田愛萌が、11月18日(木)より全国の書店で始まる光文社古典新訳文庫創刊15周年記念フェア「わたしの推しの光文社古典新訳文庫」企画に登場する。

今回のフェアでは、15人の著名人による推薦文が、それぞれの「推し本」の帯となって書店に並ぶ。

宮田の“推しの一冊”は平安~鎌倉時代の古典「虫めづる姫君」。日本の古典好き、そして司書資格を持っている宮田ならではの推薦文については、書店にてチェック。宮田による推薦文は3作品掲載されているという。

宮田といえば、文学部卒という一面もあり、けやき坂46時代の冠バラエティー「ひらがな推し」では、メンバーを前に、古典文学の授業を行ったほど。その時は「源氏物語」の登場人物をメンバーに当てはめて、作品を解説した。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて