2021-11-22 11:00

<乃木坂工事中>最後まで高山一実さんらしさ全開…乃木坂46になるべくしてなった人

Wセンターを務めた乃木坂46高山一実と日村勇紀(ヒム子)
Wセンターを務めた乃木坂46高山一実と日村勇紀(ヒム子)
©BUBKA

11月14日&21日深夜に放送された「乃木坂工事中」は、『高山手作りかくれんぼ』と題した2週連続の高山一実さん卒業企画。卒業前に高山さんがやりたかった企画が実現した。スタジオを含めた建物のどこかに隠れている彼女を、メンバーが三人一組になって順番に探しに向かった。

遠藤さくらさんが怪しげなダンボール箱を発見

恐る恐る開けると、中には高山さんが書いた小説『トラペジウム』が。以前、本人が“一番クソな顔”と言っていた『おいでシャンプー』のジャケットに写る自身の顔。それが印刷された紙がページに挟まっており、遊び心のあるかくれんぼにメンバーの笑い声が絶えなかった。バナナマン設楽統さんが「高山を探しながら高山を感じられる」と言っていたが本当にその言葉の通りだ。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年6月号 BUBKA(ブブカ)2022年6月号電子書籍限定版 BUBKA(ブブカ)2022年6月号コラムパック
証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)