2021-12-05 06:00

【BUBKA1月号】R-指定「Rの異常な愛情」―或る男の日本語ラップについての妄想―番外編

11月14日に行われた横浜アリーナでのコンサートが大団円を迎えたCreepy Nuts。今回のインタビューでは、これまでの取材でも出てこなかったR-指定の音楽的ルーツ、日本のポップスレジェンドについて語ってくれました! そして、次号からは『Rの異常な愛情』~DABO編~が始まります!

Creepy Nuts・R-指定
Creepy Nuts・R-指定

DJ松永の黙秘権

――このインタビューはCreepy Nuts横浜アリーナ公演の直後に録らせて頂いてます。まず横アリお疲れさまでした。拝見しましたが……めちゃくちゃ良かった!

R-指定 ありがとうございます!

――『Case』を作ったことでCreepyのこれまでの作品や、Creepy自体の存在性が立体化した感じがあったんだけど、それがライブでも表現されていて。

R-指定 そう伝わると嬉しいですね。演ってる側としてもとにかく気持ちよかった。

――内容の充実ぶりと、ライブ前半のMCの緩さのコントラストは震えました。「11年前の『BEAT CONNECTION』の話! いまさら!?」って(笑)。

R-指定 なんでですか(笑)。コッペパンとして横アリに立った11年前の自分を成仏させるためにも必要でしたよ、あの話は。あの時は「これで飯が食える」って思ってたな~。

――19歳で横アリに立てたらそう思っちゃうよね。

R-指定 「高校出てすぐにラップで生きていける!」って夢見ましたよ。

――当時はソニーの育成に入ってたんだよね。

R-指定 「もうコッペパン止めるか~」「これが最後のライブやな」ってKOPERUと話してたライブで、ソニーから声掛けて貰って。「え、ソニーってメジャーやんな」「まじで!?」ってコペルとソワソワしてたんですけど、そんなに世の中甘くはなく(笑)。

――それが今やワンマンで横アリに立つんだから、すごい話だよね。そして、松永くんは関係者挨拶で黙秘権を発動するという(笑)。

R-指定 武道館に続いて、話すと泣いてしまうからってことでだんまり(笑)。もうライブの段階から堪えてて、MC振っても喋らんし、不機嫌そうな顔してるから何やねんと思ってたら……。

――ライブの後半、顔こわばってたよね。

R-指定 そしたら泣くのを我慢して顔に力が入りまくってたという(笑)。でもアリーナで360度お客さんっていうのは、グッと来るものがありましたね。

コラムパック(電子版)のご購入はこちら

「BUBKA2022年1月号コラムパック」
「BUBKA2022年1月号コラムパック」

Amazon

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ