2021-12-05 06:00

【BUBKA1月号】R-指定「Rの異常な愛情」―或る男の日本語ラップについての妄想―番外編

――せいこうさんは結成当初のサザンの非公認のファンクラブをやってたって話もあるし。DOSMOCCOSのKEN-1-RAWさんも『ウィークエンドシャッフル』でサザンミックスを披露してたし、ヒップホップ界隈にサザンファンは多いよね。

R-指定 俺はサザンに出会ったのは、車でかかってた『海のYeah!!』だったんですよ。

――98年リリースのベスト盤だね。

R-指定 中でも“エロティカ・セブン”、“マンピーのG★SPOT”、“シュラバ★ラ★バンバ”が特に好きで。

――「エロ3部作」と言われる曲たちが(笑)。

R-指定 ノリが良くて、ちょっと下品みたいな曲が好きやったっすね。この3曲は桑田さんの言語崩し系というか、スキャットイズムが強く出た曲で。

――桑田さんはまずスキャットやインチキ英語で曲を作って、そこから日本語を当てはめていく方式が多いと言うよね。

R-指定 英語っぽい発音の言葉を日本語で探したりとか。

――“夕方Hold On Me”で、「夕方」を「You Gotta」と発音したり。

R-指定 それから“シュラバ★ラ★バンバ”とか“愛の言霊 ~Spiritual Message~”みたいに、当て字で造語していくのが感覚的に好きでしたね。それが小学生の時。で、中学生になってヒップホップに完全にハマった後、高3からハタチぐらいまでの間に、そういう自分の原点になったような音楽だったり、ポップスやヒップホップ以外の音楽も聴きまくる時期があって。そのタイミングで『YOUNG LOVE』(96年)、『さくら』(98年)とかはめちゃくちゃ聴きましたね。この時期のサザンはビート感がヒップホップっぽかったり、“マリワナ伯爵”みたいな「え!そんなタイトル!?」っていう曲があったり。『さくら』で言えば、社会風刺色の強い“爆笑アイランド”や、核問題を歌った“PARADISE”も好きでしたね。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  2. R-指定が語る、団地が生んだ「路上の詩人」O2
  3. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  4. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  5. Uインターの生き字引 鈴木健が語る 髙田延彦vs北尾光司戦の真実
  6. NZA(永野)×D.O、楽しむという鎖に繋がれた異端児が再び交わる、白昼堂々130分!
  7. 佐久間宣行Pが今のアイドル業界であえて火中の栗を拾ったワケ~吉田豪インタビュー
  8. 乃木坂46弓木奈於、B級ニュースで話題の“ナカジマさん”「ナカジマさんっていう名前じゃなかった」
  9. 【BUBKA8月号】村上和成 インタビュー 「平成のテロリストが語る、波乱万丈なプロレス人生」
  10. 乃木坂46新内眞衣「悩む時期はありました。正直、逃げ出したいと思っていたこともあった」
  1. 公式お兄ちゃんは忘れない‼バナナマンからの「卒業おめでとう」に乃木坂46・阪口は感謝のメッセージ
  2. 乃木坂46 35thSGアンダーライブ「Lemino」で生配信決定!初めて4期生・5期生のみで構成
  3. シュウペイ(ぺこぱ)、“とっておき”のギャグの査定額に驚き
  4. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  5. 乃木坂46阪口珠美、2023年は“ご縁”の年「人生で初めて歴史の勉強をしています」
  6. 乃木坂46筒井あやめ「悠理ちゃんの考える魅力的な言葉がすっごいたくさん」北川悠理脚本をたたえる
  7. 櫻坂46的野美青、フレッシュ&ビューティーなグラビアショット「普段とは少し違った私、どうでしたか?」
  8. シュウペイが“ソロ”でイベントに出席!400万円のお買い物を告白
  9. 乃木坂46久保史緒里、梅澤美波らが“飯テロ”おつまみ紹介「深夜に食べても次の日に残らない」
  10. 乃木坂46・久保史緒里が推し球団・楽天の歴史的大敗で大荒れ!怒りの矛先は独走する若鷹軍団リスナーに!?