2021-12-06 18:00

【BUBKA1月号】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第37回「風間ルミ」

11月30日に発売された「BUBKA1月号」より注目の記事をピックアップして、その一部を紹介する。

「BUBKA1月号」ミスタープロレス交龍録 第37回は「風間ルミ」
「BUBKA1月号」ミスタープロレス交龍録 第37回は「風間ルミ」
写真/平工幸雄

天龍源一郎は、その40 年間の“腹いっぱいのプロレス人生”で様々な名レスラーと出会い、闘い、交流した。ジャイアント馬場とアントニオ猪木の2 人にピンフォールでの勝利を収めた唯一の日本人レスラーであり、ミスタープロレスとまで称された天龍。そんな天龍だからこそ語れるレジェンドレスラーたちとの濃厚エピソードを大公開しよう!

体は小さくても違う格闘技から来たから「そうはいかない!」の負けん気があった

今回は9月に亡くなった風間ルミさんについて語らせてもらおうと思う。

彼女と最初に会ったのは、仕事じゃなくてプライベートだったね。三遊亭円楽師匠や仲間と飲んでいる時に「今度、可愛らしい女子プロレスラーを呼ぼうよ」って話になって、仲間の誰かが連れてきたのが風間だったんだよ。飲み仲間が後楽園ホールでいろんなプロレスを観ていたから、それで知り合ったみたいなんだよね。「ちっちゃいな、これでレスラーなの?」って思ったのが最初だったよ(笑)。

彼女は社交的で、お酒が好きだったよね。お酒というより、ああいう賑やかな席が好きだったんだろうと思う。人当たりがよくて、その場を和ませる人だったよ。その場の雰囲気を壊すとかっていうのは全然なかったよ。プロレスラーという感じじゃなくて、何て言うのかな、シャキシャキしていて、ビジネス・ウーマンのような感じだった。

コラムパック(電子版)のご購入はこちら

「BUBKA2022年1月号コラムパック」
「BUBKA2022年1月号コラムパック」

Amazon

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ