2021-12-14 21:00

佐々木希、宇宙人たちへ“きりたんぽ”をオススメ「私はきりたんぽで育ったといっても過言ではない」

「クレディセゾン」新CM発表会に出席した佐々木希
「クレディセゾン」新CM発表会に出席した佐々木希

モデルや俳優として活躍中の佐々木希が、都内で開催された「クレディセゾン」新CM発表会に出席した。

12月20日(月)より公開される「セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の新CM「地球は大丈夫?」篇と「ナタデココ」篇では、佐々木が宇宙人と共演するコミカルな物語が描かれている。

完成したCMについて佐々木は「コンテを見た時、『なんて面白いCMだ!!』と思いましたが、完成されたCMを見たら、『さらに面白くなってる!!』と思いました」と、驚きの表情。

また撮影現場の雰囲気については「今回はグリーンバックではなく、実際に宇宙ステーションのセットがあって、とてもかっこよかったです」と、撮影セットに感動した様子。

撮影時にこだわったポイントに関しては「宇宙人とのコミュニケーションはすごくこだわりました。言葉が通じないので、身ぶり手ぶりを使って会話して、最後は通じ合えたと思います」と手応えを明かした。

イベントでは、佐々木から宇宙人たちにオススメをプレゼンするトークコーナーも。

「宇宙人へのオススメ」として佐々木が挙げたのは、1つ目に“ラーメン”。「宇宙でラーメンを食べたらどうなるのか想像するとワクワクします。スープや麺がどうなるのか実験してみたいです」と興味を示した。

続けて2つ目の挙げたのは“きりたんぽ”。「秋田県出身の私はきりたんぽで育ったといっても過言ではないので、ぜひ宇宙人の皆さんにもきりたんぽを食べていただきたいです」と、地元愛ものぞかせた。

きりたんぽが気に入った宇宙人からは佐々木に「星の命名権」がプレゼントされた。悩みつつも「名前が『希』なので、ホープ…ホープスターにします!」と宣言。

星の名前には“希”を取り入れたが、今年の漢字一文字に関しては“演”を挙げた。「今年は舞台だったりドラマだったり、いろいろ出演させていただき、演じることがすごく多い年でした」とコメント。また「2021年もお仕事を楽しんでやらせていただきつつ、プライベートの時間も大切にしたいです」と意気込んでいた。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ