2021-12-16 23:00

カミングフレーバーMIYO「カミフレの快進撃はまだまだ続きます!」

「カミングフレーバー 2021 Tour かみふれ!Final~1年前の私たちへ~」より
「カミングフレーバー 2021 Tour かみふれ!Final~1年前の私たちへ~」より
©2021 Zest,Inc.

アイドルユニット「カミングフレーバー」が、本日12月16日、名古屋ボトムラインにて「カミングフレーバー 2021 Tour かみふれ!Final~1年前の私たちへ~」を開催。この公演は、本来8月30日に行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響により延期されていた。延期した分、成長を見てほしいと気合の入ったツアーファイナルとなった。

客席が見守る中、メンバーの声で思いをつづったovertureが流れ、MIYOが「約1年間、本当にお待たせしました。今日は全力で楽しみましょう!」と叫び、始まった1曲目は、カミングフレーバーが誕生した楽曲「せ~ので言おうぜ!」。ファンと一体になり、盛り上がりはすでに最高潮に。

その後「無意識の色」「花の香りのシンフォニー」「ホライズン」とSKE48の楽曲が3曲が続いた。実はこの4曲を選曲したのには理由があり、「初めてボトムラインに立った時と同じセットリストなので成長を感じてほしい」と話した。

続いて披露したのは「We are カミフレ!!!!!!!」。この曲は7人の自己紹介ソングとなっており、天真爛漫な笑顔を見せた。

さらに「音の割れたチャイム」「恋の根拠」とカミングフレーバーの楽曲を披露し、MCでは「時間が過ぎるのが早いね」と話したり、配信を観てくださっている方や、来場したファンとサイリウムを使いコール&レスポンスをし、声が出せない中、光の海で盛り上がった。

MC後は「奇跡の流星群」「君のいない世界」「おいてけぼり」「TRUTH」と4曲連続でしっとりと歌い上げ、MCでは一人ずつファンの方へ向けて感謝の気持ちを話した。

本編ラストは「100万リットルの涙」で締めくくり、会場は拍手で包まれた。

新衣装に身を包み登場したアンコール1曲目は、新曲「カメリア」。かわいらしく元気な印象の強かったカミングフレーバーだが、時がたち、かっこよくたくましく頼もしい新しい7人の姿があった。

最後に披露された曲は、今までのツアーでは1曲目に披露されてきた「今すぐKiss Me」。やり切ったと伝わる楽しそうに踊る姿には、結成時から変わらない笑顔があった。パフォーマンス後にカミフレからサイン入りのパイプ椅子をプレゼントするという企画が行われた後、7人から12月29日に発売する1stシングル「カメリア」を引っさげたライブを開催することが発表された。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ