2021-12-25 09:00

et-アンド-、マンスリーライブ全5公演締めくくり!野島樺乃「成長できた1年」

「et-アンド-」ワンマンライブより
©2021 Zest, Inc. / AEI
「et-アンド-」ワンマンライブより
©2021 Zest, Inc. / AEI

4人組次世代女性ボーカルグループ「et-アンド-」が、クリスマス・イブの12月24日、ワンマンライブを開催。同ライブは9月から毎月マンスリー・ライブとして、新宿KEY STUDIOで開催してきたライブの追加公演。リーダーを務める野島樺乃の地元名古屋での追加公演も含めると、全5公演の締めくくりとなる公演となった。

クリスマスらしいオープニング・ムービーが流れ、丁寧に歌を届けようというメンバーの気持ちが伝わってくる「Newton」でライブはスタート。栗本優音と山崎カノンが作詞に参加した「Blue bird」では、浮遊感あるサウンドに心地よい歌声を響かせた。

「2021年最後のマンスリー・ライブとなりました。皆さん、楽しんでいってください」との野島の呼び掛けに、拍手で応える客席。マンスリー・ライブ定番の楽曲となったEvery Little Thingのカバー「fragile」では美しいハーモニーが際立った。

クリスマスSpecialムービーの後、「私たちからのクリスマス・プレゼントです!」と、真っ白な衣装にサンタの帽子をかぶったメンバーが登場。クリスマス限定で「Happiness」をアカペラで披露し、客席を沸かせる。その反応にメンバーも「せっかくなので特別なライブにしたいなと思って、練習してきました」と満足気な笑顔を見せた。

マンスリー・ライブも5回目となり、「BIBIBI」では客席のクラップと決めポーズも完璧となり、ステージとの一体感が増す。不思議な世界観がクセになる「Matryoshka」に続き、デビューデジタルシングル「#tokyo」、再生回数100万枚を超える夏ソング「Eenie, meenie, miney」など、et-アンド-らしいといえる曲を続けてパフォーマンス。休日の幸せを歌う「Holoholo」で明るく本編を締めくくった。

アンコールでステージに登場すると、栗本は「et-アンド-に入って、初めてこんなにしっかり芸能活動をできていて、1日1日が本当に楽しい」。

山崎は「たくさん取材をしていただいた中で、メンバーみんなが思っていることを身近に感じる機会がすごく多かった。来年再来年、もっともっと一緒にいて、深くみんなのことを知っていい関係性でこれからも活動していきたい」。

モラレスきあらは「今日、『Happiness』を歌った時、泣きそうだった。お客さんもメンバーもみんな楽しそうで…」と7月のデビューから今日までをそれぞれ振り返った。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ