2021-12-31 06:00

イコラブと過ごす冬…諸橋沙夏×蟹【BUBKA2月号】

12月28日(火)に発売された「BUBKA2月号」に、=LOVEのメンバー11人が登場している。本記事では、誌面に掲載されたインタビューを抜粋、その一部を紹介する。

「BUBKA2月号」に登場する=LOVE諸橋沙夏
撮影/オノツトム
「BUBKA2月号」に登場する=LOVE諸橋沙夏
撮影/オノツトム

『ミュージックステーション』への初出演を果たすなど、この1年で飛躍を遂げた=LOVEが全員集合! さまざまな冬のアイテムと一緒に写る可愛いイコラブちゃんたちを見て、2022年を迎えましょう!

脱ネクストブレイク

――2021年を振り返るとどんな1年でしたか?

諸橋 =LOVEはずっと「ネクストブレイク」「次来る」って言われてきたんですけど、勝手ながら、今年はようやくその枠から抜け出せたんじゃないかと思っています。9thシングル『ウィークエンドシトロン』の反響がすごく大きかったし、ツアーファイナルで横浜アリーナに立てたこと、ずっと夢だった『ミュージックステーション』に出演できたことも大きいですね。横浜アリーナでのライブや「イコノイフェス 2021」で初めてトロッコに乗ったときは、「ちょっと売れたかも」って思いました(笑)。

――5年前からの夢が叶った1年でもあったと。

諸橋 アイドルになったばかりのときは、何も知らないからこそ「『Mステ』に出たい、東京ドームに立ちたい」って言ってたけど、怖いもの知らずだったなって思います(笑)。

――控えめで大きな目標を口にしないメンバーが多い中、諸橋さんは今でも目標を発信していますよね。

諸橋 やってみたいことは何でも口に出すし、SNSにも書きます。自分のソロ曲をはじめ、やってみたいと発信したことが実現してきたから、言霊ってあるんだと思ってます。大きい目標を立てると、「何言ってるんだ」と思われちゃう怖さはあるけど、応援してくれる人も必ずいるので。

――その性格は昔からですか?

諸橋 イコラブに入ってからですね。それまでは趣味も夢もまったくなかったんです。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」
BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック カワイレナ「最嬌かわいいセレナーデ」 安藤咲桜「さくちん、満開。」
佐山すずか「すずの湯」 BUBKAデジタル写真集 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~