2021-12-31 20:00

NMB48山崎亜美瑠「美瑠さんに、『亜美瑠に全部任してるから!』って言ってもらえたのはすごく嬉しかった」【BUBKA2月号】

12月28日(火)に発売された「BUBKA2月号」に、NMB48の山崎亜美瑠が登場している。本記事では、誌面に掲載されたインタビューを抜粋、その一部を紹介する。

「BUBKA2月号」に登場する山崎亜美瑠
撮影/田畑竜三郎
「BUBKA2月号」に登場する山崎亜美瑠
撮影/田畑竜三郎

AKB48グループの中でも屈指の歌唱力を持つ、ドラフト3期生の山崎亜美瑠が本誌初登場! 今回はその美声を封印し、初水着でポテンシャルの高さをいかんなく発揮してくれました!

お菓子取らへん同盟

――今回初水着グラビアでの登場となりましたが、もともとSHOWROOMでBUBKAに出たいと言ってくれていたんですよね。

山崎 以前から雑誌に載ってみたいと思っていたんですけど、その中でもBUBKAさんは「アイドルが載ってる雑誌」というイメージがあったので、すごく出たいと思ってました。

――光栄です! 実際に撮影してみていかがでしたか?

山崎 私、女子校出身で、人前で脱ぐことにあんまり抵抗がないんです(笑)。スタイリストさんが、隠しながら着替える方もいると言ってたんですけど、私の場合、一旦全部脱いでから着ていたので全然抵抗はなかったです。

――撮影の前に、他のメンバーのグラビアを見たり、何か準備していたことはありましたか?

山崎 最近は先輩の本郷柚巴さんがすごくグラビアで活躍してらっしゃるので、「本郷柚巴 グラビア」で調べて、柚巴さんの写真を保存してました(笑)。

――体づくりの面ではいかがでしたか。

山崎 この撮影の前の週にライブがあったので、そのリハ期間にめっちゃ踊って、それで結構落としました!

――同期の安部若菜さんはグラビアのキャリアでいうと先輩になりますけど、何か相談はされましたか?

山崎 しました! ライブのときは差し入れでお菓子とかもたくさん用意してもらえるので、いつもやったら絶対に食べちゃうんです。でも、若菜と2人で「今日はちょっと我慢しよう……」みたいな感じで、2人で“お菓子取らへん同盟”を組んで頑張ってました。

Twitterでシェア

関連記事