2022-01-01 18:00

乃木坂46柴田柚菜「どんな痛みか想像つかないのでやってみようって(笑)。自分で言うのもなんですけど、度胸はあると思います」

過去に発売された「BUBKA」より、注目の記事を紹介する<BUBKAアーカイブ>。今回は、2021年5月号より乃木坂46・柴田柚菜をピックアップ!(※記事の情報は発売当時のもので最新のものではありません)

乃木坂46柴田柚菜
撮影/持田薫

乃木坂46の4期生として加入し過ごした高校生活。この春卒業した彼女の目の前には、新たな道が広がっている。快晴の空の下、坂道の途中で振り返る彼女。その笑顔は、希望に満ちた未来を映し出していた。

自分の「武器」

――まずは2月23日に開催された「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」についてお聞きしたいです。ブログでは「今年のバスラの目標はかっこいいにもかわいいにもなる」と書かれていました。前半の2チームに分かれたブロックでは、先輩と一緒に『インフルエンサー』や『何度目の青空か?』をパフォーマンスしましたが、いい経験になったんじゃないでしょうか。

柴田 先輩たちのほうがパフォーマンスのレベルが格段に高いので、とにかく合わせようと必死でした。同じ振りに見えても細かい角度や目線が違って、そこが合ってないと観ている人はバラバラに感じてしまうと思うんです。「4期生だけダメだよね」と言われるのは嫌なので、みんなで話し合ったり、個人的には(堀)未央奈さんや(秋元)真夏さんのダンスを見て研究しました。

――真夏さんを見て研究したんですか。

柴田 真夏さん、ダンス上手なんですよ(笑)。

―― 失礼しました(笑)。『インフルエンサー』は振りの変更もあったそうですが。

柴田 間奏でイスを使う振りが入ったんですけど、(岩本)蓮加さんとペアで踊れたことがうれしくて。お話もできて少し距離を縮めることができたかなって思います。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. ルルネージュ池田杏菜が明かす酔いどれ事件簿【BUBKAアワード】
  2. 音楽プロデューサー・石田ショーキチ「合唱ってすごく胸を打つんですよ。それで、合唱をやらせるしかないなと(笑)」
  3. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  4. 吉田豪「What’s 豪ing On」第十三回小山田圭吾、宇多丸×R-指定、鈴木おさむも…「BUBKA3月号」コラムパック配信
  5. 乃木坂46齋藤飛鳥&星野みなみ「断られると思うけど飛鳥と二人旅に行きたい!」
  6. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  7. 【BUBKA1月号】R-指定「Rの異常な愛情」―或る男の日本語ラップについての妄想―番外編
  8. 乃木坂46筒井あやめ「お仕事で早退する時に『バイバーイ!』ってみんなが叫びながら見送ってくれるんです 『本当に良い人たちだな』と思って校門の前で泣いちゃいました」
  9. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  10. 宮戸優光×鈴川真一、リアル“闘魂”スタイルの掟…ついに「アントニオ猪木最後の愛弟子」が沈黙を破った
  1. 乃木坂46“OG”相楽伊織&北野日奈子、密着ショット公開
  2. 日向坂46 初の“選抜制度”導入…正源司陽子、11thシングルセンターに決定
  3. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  4. 日向坂46齊藤京子からメンバー・オードリー・おひさまに伝えたい感謝の思い
  5. 乃木坂46新成人8人が出席、岩本蓮加「私たちは『乃木坂 登り龍世代』です!」
  6. 松本まりか、“地球の歩き方”出演に「この旅は自分がこれから生きる上で必要なもので、運命だった」
  7. 日向坂46小坂菜緒「本気でこの1年で獲りにいかなきゃいけない」、金村美玖「心の中では覚悟していた」
  8. 「乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE」4日連続生配信決定!「古書堂ものがたり」が期間限定無料配信へ
  9. 日向坂46 11thシングル新アーティスト写真解禁!センターは正源司陽子
  10. 乃木坂46黒見明香「それこそ『帰り道は遠回りしたくなる』よね」ひむバス送迎を楽しむ