2022-01-05 17:30

【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年

12月28日に発売された「BUBKA2月号」より注目の記事をピックアップして、その一部を紹介。今回は栗栖正伸が登場!

「BUBKA2月号」に登場する栗栖正伸
「BUBKA2月号」に登場する栗栖正伸
写真提供=平工幸雄

猪木さんに一生懸命尽くすのは当たり前 俺は義理を果たす行動をしたつもり

新日本旗揚げから50年、時を同じくしてデビューを果たした栗栖正伸。イス大王として名を轟かせ、彼の狂気に満ちた攻撃は選手、観客ともに恐怖を覚えさせた。ヒールとして歩んできた彼のレスラー人生は、50年という歴史の中でどんな意味を持つのだろうか。その貫徹したレスラー論を訊いた。

シンの影響でヒールの道へ

――2022年は新日本プロレスが50周年を迎えるということで、黎明期を知る栗栖さんのお話を聞きに、大阪までやってきてしまいました(笑)。

栗栖 俺なんか新日本辞めてずいぶん経ってるんだから、なんで俺の話なんか聞きにくるのよ?

――栗栖さんは旗揚げした年にデビューですから当時をよく知っているし。奥さんも当時のこと詳しいんですよね?

栗栖 俺は嫁さんいないと、ロクに出歩けないから今日も付いてきてもらったけど、けっこう詳しいよ(笑)。

栗栖夫人 私も高校生の頃から新日本に出入りしてて、新日の大阪大会ではいつも花束嬢をやってたんですよ。

――黎明期の新日本で高校生から花束嬢ってすごいですよね(笑)。 そして栗栖さんは新人時代、何年も猪木さんの付き人、運転手をされていたんですよね?

栗栖 だって俺は猪木さんに入れてもらったんだから。親分に尽くすのは当然でしょ?

BUBKA (ブブカ) 2022年 2月号

BUBKA(ブブカ) 2022年2月号表紙は=LOVE
BUBKA(ブブカ) 2022年2月号表紙は=LOVE

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS