2022-01-05 17:30

【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年

――メキシコでは、向こうのベビーフェース相手に、自分がタイガー・ジェット・シンになったつもりで、悪の限りを尽くして、ヒールのトップになれたと(笑)。

栗栖 べつに考えてやったわけじゃないんだけど、自然とそうなってたのよ。猪木さんとタイガーというトップを見て育ったから。だから美味しいって言ったら美味しいよね。タイガーにもずいぶんと世話になったし。ウチの嫁さんなんか、メキシコに来るとき、タイガーと一緒の飛行機で来たから。

――シンのエスコート付きですか(笑)。

栗栖夫人 なんで一緒の飛行機やったかわからないんですけど、あの人はすごいジェントルマン。この人はもう先にメキシコに行ってて、私はあとから一番上の娘が(生後)10カ月のときに連れて行ったんですよ。で、成田からメキシコに行くとき、バンクーバー経由だったんですけど、そこまではカナダに家があるタイガー・ジェット・シンと一緒だったんです。そしたらシンがまた気をつかってくれて、何回も私の席に来てくれて。子供をあやしてくれたりして(笑)。

――インドの狂える虎とは思えない、いい人ぶりですね(笑)。

栗栖夫人 それで私らは2年近くメキシコにいたんですけど、その間、タイガーも家族でメキシコ遠征に来たことがあって。みんなで一緒にプールに行ったりね(笑)。

――シンと家族ぐるみの付き合いでしたか(笑)。

栗栖 思い出はいっぱいあるよ。思い出したらキリがない。そういう意味じゃ、いい人生だったよ。これも新日本に入ったおかげだから。

――インタビューの続きは、発売中の「BUBKA2月号」で!

栗栖正伸=くりす・まさのぶ|1946年生まれ、鹿児島県出身。1972年にリトル浜田戦でデビュー。1979年にはメキシコへ遠征し、マサノブ・クルスとしてUWAのトップヒールで活躍する。1984年全日本プロレスに入団。1988年に全日本引退後、FMWに参戦し、「イス大王」という名でヒールとして人気を博す。その後は古巣である新日本に戻り、1990年橋本真也戦では伝説のケンカマッチを見せた。デビュー50周年となる現在も現役で試合にも参戦している。

BUBKA (ブブカ) 2022年 2月号

BUBKA(ブブカ) 2022年2月号表紙は=LOVE
BUBKA(ブブカ) 2022年2月号表紙は=LOVE

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. “水ダウ”藤井健太郎דWACK”渡辺淳之介「悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術」刊行記念対談
  2. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  3. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  4. 日向坂46高瀬愛奈×富田鈴花、先輩後輩を超えた“ 推し”対談【BUBKA12月号】
  5. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  6. R-指定が語る、団地が生んだ「路上の詩人」O2
  7. DABO「Platinum Tongue」かく語りき…Rの異常な愛情 番外編
  8. 乃木坂46与田祐希「『難しいからやらない』『あきらめる』っていうのは絶対違うなと思う できる限りは全力で挑戦したいなって思います」
  9. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  10. 乃木坂46弓木奈於、B級ニュースで話題の“ナカジマさん”「ナカジマさんっていう名前じゃなかった」
  1. 僕が見たかった青空による青春グラビア!『週刊少年マガジン』初登場
  2. 乃木坂46・矢久保美緒の「3期生さん全員ママ化計画」に最後の砦、岩本蓮加は「私には理解できない」と断固拒否!
  3. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  4. 乃木坂46五百城茉央の“添い寝姿”を収めた封入特典ポスターカット解禁
  5. 乃木坂46井上和&五百城茉央、鉄板の必殺技は「お腹いっぱい」も先輩・久保史緒里から「20歳になるまでやりなさい」という忠告でやめられない⁉
  6. 乃木坂46井上和、“シンプル美”の極み…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より特別カット続々到着
  7. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  8. 日向坂46富田鈴花&松田好花“花ちゃんズ”と春日俊彰のコラボに若林正恭が抱腹絶倒
  9. 乃木坂46矢久保美緒「心にいる人数は変わってない」4期の絆エピソードを明かす
  10. 乃木坂46久保史緒里、梅澤美波らが“飯テロ”おつまみ紹介「深夜に食べても次の日に残らない」