2022-01-04 17:00

乃木坂46遠藤さくら「コントで恥を捨てられるようになったことはライブや歌番組での表現に活かせると思います」

過去に発売された「BUBKA」より、注目の記事を紹介する<BUBKAアーカイブ>。今回は、2020年12月号より乃木坂46・遠藤さくらをピックアップ!(※記事の情報は発売当時のもので最新のものではありません)

<BUBKAアーカイブ>2020年12月号より乃木坂46・遠藤さくらが登場
<BUBKAアーカイブ>2020年12月号より乃木坂46・遠藤さくらが登場
撮影/藤本和典

髪を切り、少し昔に戻ったかのように見える。だが、遠藤さくらはこの数カ月間に1人のアイドルとして、そして人間として大きな成長を遂げていた。「永久保存版」なCMでも爆発した、編集いらずの新たな魅力をお届けします。

一皮むけた感覚

――乃木坂46のMV集『ALL MV COLLECTION2~あの時の彼女たち~』のCMで演じていた、映像編集スタッフ「近藤さくら子」さんから着想を得まして、今回は撮影をさせていただきました。ご自身が家で過ごす姿と比べて、共通点はありますか?

遠藤 髪を切っちゃったので、CMとは少し違って今回はハーフアップなんですけど、家でもこの髪型にすることは多いです。普段はコンタクトだからお家ではメガネをかけていて、ちょうど使ってるのが丸メガネなので、いつもと同じ感じのだな、と思いました。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年2月号 BUBKA(ブブカ)2022年2月号電子書籍限定版「カミングフレーバーver.」 BUBKA(ブブカ)2022年2月号コラムパック
ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて 吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ