2022-01-22 17:00

乃木坂46与田祐希「『難しいからやらない』『あきらめる』っていうのは絶対違うなと思う できる限りは全力で挑戦したいなって思います」

乃木坂46・与田祐希
乃木坂46・与田祐希
撮影/前康輔

乃木坂46・与田祐希にインタビューを実施――。故郷を離れ、東京に出てきて迎える5度目の春。16歳だった少女は、都会の雰囲気とともに歳月を重ね、洗練さを自然と纏っていった。大人へと成長していく中で見せるあどけない表情。そんな彼女の「自然体」を見てほしい。

モーニングルーティン

――デビュー9周年のバースデーライブを終えて、ひと息つけました?

与田 そうですね。最近はわりとゆったりできてます。

――とはいえ、時間に余裕があっても、今はなかなか外出できないですよね。

与田 でも、私、めっちゃインドアなんですよ。

――そうでしたっけ?

与田 餅男(もちお=愛犬のポメラニアン)が家に来てから、ますます家から出なくなりました。そろそろ春服もほしいんですけど、外に出ないので着る機会もそんなにないのかなって思うと、まぁ別にいいやって。

――じゃあ、休みの日は巣ごもり生活?

与田 最近はそうですね。毎朝、ブラックコーヒーを飲んだりして。

――意外ですね。おいしいと感じる?

与田 もともと好きなんです。ブラックコーヒーで目が覚めるのがいいな、と思って。なんかイキってるみたいで恥ずかしいけど(笑)。朝はブラックコーヒーと馬刺しと……。

――食べ合わせ!

与田 冷凍庫に馬刺しを100グラムずつ小分けにして保存してるんです。にんにく醤油に付けて食べるのが最高なんですよ。あとはグレープフルーツ。物足りないときは、ごはんに納豆とメカブをかけて食べます。朝からネバネバしてます(笑)。

――体に良いんですかね?

与田 良さそうじゃないですか? たんぱく質を摂取できて。実際、風邪を引くこともないし、健康ですよ。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年6月号 BUBKA(ブブカ)2022年6月号電子書籍限定版 BUBKA(ブブカ)2022年6月号コラムパック
証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)