2022-01-29 06:00

髪バッサリのHKT48田中美久が舞台あいさつに登場!霊感の強いメンバーからの助言に一安心

映画「ホラーちゃんねる 樹海」初日舞台あいさつに登壇したHKT48・田中美久
映画「ホラーちゃんねる 樹海」初日舞台あいさつに登壇したHKT48・田中美久

自身のSNSでロングからボブにイメチェンしたことを報告したHKT48の田中美久が、東京・池袋シネマ・ロサで開催された映画「ホラーちゃんねる 樹海」の公開初日舞台あいさつに出席。ヘアスタイルの影響もあってか、小顔ぶり(あるいはマスクの大きさ)が浮き彫りとなった。

1月28日より1週間の期間限定で東京・池袋シネマ・ロサにて上映される映画「ホラーちゃんねる 樹海」。同作は、“青木ヶ原樹海”を軸にしたオムニバスホラー映画。撮影は実際に樹海でも行われたという。この日の舞台あいさつには、田中のほか、CYBERJAPAN DANCERS・CHIAKI、江益凛、それに大橋孝史監督が登壇した。

舞台あいさつは、マスク着用・ソーシャルディスタンスを取って進行された。田中は「雨降ってて、山の奥で、すごく怖かったんです。大橋監督が撮影の時、時には厳しく指導してくださったんですけど、ほかの撮影じゃないときは優しくお話ししてくださって、怖い樹海ではあったんですけど、みんなで楽しく撮影できて気持ちが楽でした」と、撮影現場の様子を伝えた。とはいえ不可解な出来事もあったようで、「電気がカチカチしてて、リアルにカチカチするの初めてで、すっごい怖かったです」と、田中は原因不明の場面にも遭遇したそう。

女優としても活躍中の田中、普段はアイドルグループHKT48のメンバーとしても活動する。「メンバーと怖い話などしますか?」との質問に、田中は「しますし、本当に(樹海に)行ったんだとみんな言ってて。メンバーは『怖くなったら連絡してね』って言ってくれたんですけど、電波がつながらないから(笑)、連絡できなかったんです(笑)。メンバーもホラー撮影とか経験のない子が多いので『どんな感じで撮影するの?』って聞かれることも多かったです。メンバーで霊が見える子がいるんですよ。人間と霊の区別がつかないくらい見えるメンバーが一人いて、そのメンバーに、撮影が終わった後に『とりつかれているかな?』って聞いてみたんですけど、『大丈夫!』って言ってもらえたので、安心しました」と、割と生々しいエピソードも飛び出していた。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年6月号 BUBKA(ブブカ)2022年6月号電子書籍限定版 BUBKA(ブブカ)2022年6月号コラムパック
証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)