2022-01-30 17:00

乃木坂46新内眞衣「悩む時期はありました。正直、逃げ出したいと思っていたこともあった」

――なるほど。個人個人で活躍はしていても、グループの目標を達成するということも常に考えながら、それぞれが活動できていたということですね。

新内 そうですね。

――たしかにメンバーがグループを大切にしてるっていうのはすごくわかります。「私さえ良ければいいや」っていう方がいないですもんね。

新内 いないですね。乃木坂46に在籍してる以上、乃木坂46の看板があるから来る仕事の方が100%多いので、自分よりグループを優先するのは当たり前のことだと私も思っています。

――なぜ、皆さんそういう考えができるのでしょうか?

新内 単純に良い子が多いからだと思います。他のグループがどうなのかは経験してないのでわからないですが、乃木坂46はみんな仲良いですし、雰囲気が良いから仕事がしやすいんです。人間関係で悩んだりすると学校や職場って行きたくなくなるじゃないですか。そういうことがないんですよね。

――人間関係が円滑だと、仕事や勉強に集中できますもんね。

新内 活動しやすい環境があるというのは一番ありがたいことです。もちろんそこにはスタッフさんたちの努力のおかげもあると思います。

――当たり前ですが、東京ドーム到達には2期生も大きく貢献していると思うんですよ。

新内 貢献したかな~?(笑)

――していると思います! 2期生はどのように力になれたと思いますか?

新内 こう言ったら誤解を招きそうだけど、2期生の存在が1期生に先輩の自覚を持たせることができたのかなって思います。たぶん私たちが入ったとき、少なからず焦ったと思うんですよ。

――もちろんそうでしょうね。

新内 それで雰囲気が変わったという話は聞いたことがあります。先輩という立ち位置になることで、1期生はさらにちゃんとしなきゃっていう自覚を持ったんじゃないかと思うんですよね。

――なるほど。たしかに「先輩」という存在を作ることができるのは、「後輩」という存在だけですもんね。

新内 そういう面では貢献できていると思います。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. NMB48塩月希依音の『10クローネとパン』を全人類に見てほしい理由
  2. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  3. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  4. 乃木坂46清宮レイ×金川紗耶、本音だから重なり合うふたりの気持ち
  5. 【=LOVE】心に響く歌声とユーモアあふれる人柄でファンに笑顔と元気を届けてくれる諸橋沙夏さんの魅力~Your Voice Is For Us~
  6. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  7. 「ノイミー」永田詩央里のソロパフォーマンスから感じた情景
  8. なんてったってキヨハラ第22回「ラストブルー」
  9. クリープハイプ尾崎世界観、「生きづらさ」ゆえに感じる「生きやすさ」…吉田豪による新連載スタート
  10. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  1. AKB48小栗有以「成長できた作品の一つ」、映画『ガールズドライブ』Blu-ray発売記念イベントに出席
  2. 新“総監督”倉野尾成美「また違うAKB48をお見せできる」新曲初披露に向けて意気込む
  3. 山下美月が乃木坂46卒業後の休養を経て月からの帰還!同期の久保の匂わせインスタはやはり山下だった!?
  4. 日向坂46×ラジオ…収録現場に密着『BRODY8月号』表紙&特集解禁
  5. 乃木坂46五百城茉央、制服からワンピースまで「2号連続乃木坂46祭」第1弾を飾る
  6. BRODY「日向坂46×ラジオ」特集を、松田好花が発売前にチェック!まさかの「父」登場に編集部へ物申す!
  7. NMB48塩月希依音の『10クローネとパン』を全人類に見てほしい理由
  8. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  9. 乃木坂46早川聖来“卒業記念”写真集より裸足でちょこんと腰掛ける特典ポストカード図柄2種目解禁
  10. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】