2022-02-06 06:30

トラックメイカー&DJ・ちばけんいちが語る楽曲制作の裏側

「BUBKA3月号」の連載「アイドルクリエイターズファイル」#15よりちばけんいち
「BUBKA3月号」の連載「アイドルクリエイターズファイル」#15よりちばけんいち

楽曲派という言葉が死語になる前に伝えることがある!ということで始まった当連載。今回は、SANDAL TELEPHONE(ex-サンダルテレフォン)への楽曲提供で、確固たるイメージを築いたトラックメイカー・ちばけんいちが登場。強烈に耳に残る彼のトラックがどのようにして生まれるのかを訊いた。

スーパーに楽曲提供

――ちばさんはボカロPの活動がキャリアの出発点だったのでしょうか。

ちば ネット上に現れたのはそうだと思います。もともとダンス・ミュージックが好きで、中学・高校の頃から打ち込みを始めていたんですけど、世の中的には(発表できる場が)MySpaceくらいの時代で。その頃はバンドをやってる友達に「こんなのやってるよ」と聴かせる程度でした。自分が上京するタイミング前後でニコニコ動画が盛り上がって、その時期にいわゆる東方アレンジをちょびっとやったりもしたんですけど、色々と曲を作ってみようということで一気に増えたのがボーカロイドの活動です。八王子Pくんだったり、kzさんがガーっと出てきた頃にボーカロイドを知ったんですね。それで、人に聴いてもらうきっかけが増えればいいなと思って触ってみたという感じです。当時はボーカロイドとクラブ・ミュージックを掛け合わせたDJイベントも盛んで、僕もDJ的なこともやったりして活動してました。2010年から2013年くらいですね。

――そこからどういう流れでサンダルテレフォンに至ったのでしょう。

ちば 正確な時系列は覚えてないんですけど、ニコニコ動画をやってた頃に、アニプレックスさんの『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』というアニメでエンディング曲の一般公募があって。僕の兄の千葉“naotyu-”直樹がそのときすでに作家活動をしていて、いまはソニー・ミュージック系列に所属しているんですけど、たしかその関係で一般公募を知って、「やってみたら?」という声があったんです。それで出してみたら、『俺妹』の2期のエンデイング(『Thank You』)に採用していただいて。そのときに「お兄さんだけじゃなくて弟くんも歌モノを作るんだね」という感じでアニプレックスさんやソニー・ミュージックさんの方と関わりができました。でも、実はそのあと一度社会人になってるんです。

――そうなんですか! ちばさんの過去作品を調べていくなかで、空白の期間があったのが気になっていたんですが、社会人として働いていたんですね。

ちば 表立って曲を作る頻度は減って、たまにクラブ系のオリジナルを趣味程度に出すという期間がしばらく続きました。とはいってもその仕事も音楽寄りで、選曲したり、スーパーとかショップの販促音楽を作ったりもしてました。数年経って、もうちょっと音楽を作る仕事に近づきたいなと思ったときに、当時のソニー関連の人に「まだ(音楽)やってる?」みたいな感じで声をかけていただいて、そこから音楽の仕事をちょくちょくやらせていただいたなかのひとつがサンダルテレフォンさんでした。

BUBKA3月号 コラムパックのご購入はこちら

BUBKA3月号 コラムパック
BUBKA3月号 コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. RHYMESTER宇多丸のマブ論、やっぱ最高峰、Perfume!そして、偉大なりしょこたん!
  2. 音楽プロデューサー・石田ショーキチ「合唱ってすごく胸を打つんですよ。それで、合唱をやらせるしかないなと(笑)」
  3. なんてったってキヨハラ第20回「最後の対決」
  4. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  5. 掟ポルシェ「まさのりさんは、50歳なのに『はじめてのおつかい』に出てくる幼児を見てるみたい」
  6. R-指定(Creepy Nuts)「Rの異常な愛情 番外編」再確認されたレジェンドたちの偉業
  7. プロ野球・俺たちが忘れられない助っ人外国人たち…伊賀大介×中溝康隆が語る
  8. NMB48安部若菜×塩月希依音×坂田心咲が語る、新公演が生んだ変化と楽曲への思い
  9. RHYMESTER宇多丸のマブ論「ドリームチーム」が生んだ新たなハロプロ・クラシック!
  10. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  1. 齋藤飛鳥「普通にお断りしました」、『【推しの子】』知られざるエピソード
  2. 篠原涼子、17年ぶりの受賞に「本当に光栄…ジェリーにも負けないぐらいの年の重ね方を」
  3. 乃木坂46・弓木奈於が『ラヴィット!』全曜日出演記念のキレ顔Tシャツを普通に着ているのが面白すぎ!
  4. 乃木坂46・池田瑛紗が「神ジューデンガール」に大変身!初の単独CMに「ビジュアルがやばい!」の声が続出!!
  5. 三代目JSB・ELLY「ダイヤモンドの歯を製作しています」音楽フェスに意欲
  6. 櫻坂46藤吉夏鈴、“とある休日”をテーマにしたグラビアショット
  7. 白石麻衣「ジュエリーは生活する上で体の一部といっていいくらい常に身に付けている」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門に選出
  8. 橋本環奈「ジェリーに似合う女性になれたら」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞20代部門に選出
  9. 渡辺直美、3億円のリングに絶句「ちょっと手の震えが止まりません」
  10. 乃木坂46弓木奈於「ボム8月号」表紙を飾る