2022-02-09 17:00

乃木坂46星野みなみ&秋元真夏「こんな可愛いコにグイグイいかれたら私の出る幕がないじゃないですか!」

乃木坂46・星野みなみと秋元真夏
乃木坂46・星野みなみと秋元真夏
撮影/福水紀夫

乃木坂46・秋元真夏と星野みなみにインタビューを実施――。緻密な計算による無限大なサービス精神が武器のまなったんと、頭からつま先まで可愛いことで「全身アイドル凶器」と畏怖されるみなみちゃん。最強の矛と最強の盾が合体し、最強アイドルがついに誕生! そして、何故か妄想恋愛バトルも始まり、意外な形での決着に2人は…。

正反対なふたり

――秋元さんが『制服のマネキン』で活動に復帰したとき、最初に話しかけたのが星野さんだったという話をよく聞くんですけど、本当ですか?

星野 最初だったのかな? でも、真夏に会ったら「おはよ~」って話しかけたりしてたかも。

秋元 ポジションも1列目と2列目のはしで近かったので、みなみから話しかけてくれましたね。

――最初から普通に接していたんですか?

星野 ふわ~んとしていたので、雰囲気的に合いそうだなと思って。年上だけど、そういう感じがあんまりしなかったから話してたのかなあ?

秋元 でも、さりげなくそばにいて、いつも気にかけてくれていましたね。

星野 ん~?

秋元 たぶん、みなみは特に意識してなくて、自然な行動だったと思うんですよ。でも、当時の私としてはそれがすごくありがたくて。みなみには本当にいろいろ助けられました。

――雰囲気、似てたんですかね?

秋元 似てますかね? みなみにそう言われるのは相当うれしいんですけど(笑)。

星野 アハっ! なんで?

秋元 どの角度から、どの状態を見ても隙がなくて可愛いから。自然体で、作らなくても可愛いってうらやましい。私の場合、レンガを組み立てるかのように作っていて……。

――今日はまさにそのテーマで話を伺いたいと思っていました! つねに自然体な“ナチュラルボーンアイドル”、星野さんと、ストイックで頭脳明晰な“アイドルサイボーグ”の秋元さんは、アイドルとして正反対のタイプだと思っていて。だから、お互いのアイドルとしてのスタイルをどう見ているのかという話を伺えればなと。

秋元 わかりました。

星野 えっ、難しいテーマ……。

秋元 みなみは「自然体」ってよく言われると思うんですけど、「自然体」っていい言葉でもあるけど、何も考えずにやっているっていう意味も含まれている気がするんです。でも、みなみの場合はちゃんと考えていて、芯の部分があった上で自然体なので、じつはすごい頭がいいんじゃないのかと思ってます。

星野 おぉ!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. R-指定(Creepy Nuts)が語るスチャダラパーの時代
  2. 乃木坂46星野みなみ「こっちもスッキリしたし飛鳥が言ってくれて良かった」
  3. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  4. Uインターの生き字引 鈴木健が語る 髙田延彦vs北尾光司戦の真実
  5. 乃木坂46弓木奈於、B級ニュースで話題の“ナカジマさん”「ナカジマさんっていう名前じゃなかった」
  6. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  7. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  8. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.9 坂本慎太郎、ブレイクしたくない 好きな人に届いているいまがベスト
  9. 呂布カルマ×R-指定、ラッパーにとってMCバトルとは?
  10. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.12 曽我部恵一「中2のときの自分にとって誠実かどうか」
  1. 森田ひかる『週刊少年マガジン』表紙を飾る、2号連続「櫻坂46」グラビア企画の第1弾
  2. 乃木坂46も出演の音楽イベント「風とロック」テレビ独占初放送決定
  3. 乃木坂46「アンダラ」有明アリーナで、数々の先輩たちが挑戦してきた伝統の三輪車対決を筒井あやめ、小川彩が受け継いだ‼
  4. 燃える闘志の清宮レイさんとクールな心の松尾美佑さん!乃木坂46 35thSGアンダーライブを支えた二人の功労者が見せる、それぞれの優しさ
  5. 日向坂46の松田好花が撮るメンバー写真が有能すぎる!“カメラガチ勢”の金村美玖との撮り合いが白熱化⁉
  6. 乃木坂46最新“アンダラ”千秋楽で筒井あやめが革命宣言!その背景にあった齋藤飛鳥からの予言とは?
  7. 乃木坂46の久保史緒里と向井葉月がプロ野球交流戦で今季初登板!広島カープ秋山選手との対戦から目を離せない!?
  8. 乃木坂46、初の4・5期生のみ「35thSGアンダーライブ」3日間計3万6000人動員は過去最大規模
  9. 櫻坂46小島凪紗、周りの温かさを感じながらパフォーマンス!先輩と共に『BUDDIES』を披露した夏
  10. 櫻坂46の谷口愛季が『ラヴィット!』に新制服で登場!意味深なネクタイの角度に「これは46度か?」とファンのテンションMAX!