2022-02-23 17:00

スタン・ハンセン「『ラリアット』がプロレス技として辞書に載ったりしたら、こんなに光栄なことはないね」

スタン・ハンセン
スタン・ハンセン
撮影=池田博美

“テキサスの暴れん坊”が日本のプロレス界と人生を語る

新日本プロレス、全日本プロレスのリングにあがり、もはや日本でいちばん有名だった「外人レスラー」と言っても過言ではないスタン・ハンセン。彼がマットの上で相まみえてきた錚々たるレスラーたちとの秘話、そしてともに戦ってきたブルーザー・ブロディについて……来日中の不沈艦に当時の真相を聞いてきた。

ミスター・ババとイノキ

――今回、「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」(2月19日、両国国技館)のために来日されたわけですけど。馬場さんが亡くなって早20年、どんなお気持ちですか?

ハンセン もう20年も経過してしまったなんて、信じられないね。本当に時間というものは、あっという間にすぎてしまうものだと痛感するよ。

――ハンセンさん自身、2001年に52歳で引退されて18年が経ちましたけど、見た目が昔と変わりませんね。

ハンセン 髪の毛も髭もすっかり白くなってしまったけどね(笑)。

――でも、僕ら日本人からすると、金髪と白髪はそんなに見分けつきませんから(笑)。体型も変わらずコンディションも良さそうですが、今でも運動はされているんですか?

ハンセン 1週間に最低5日間は、トレーニングをしているよ。もちろん、そんなにハードなものではなく、ジムで軽くウェイトをやったりバイクを漕いだりというものだけどね。

――現役末期よりも身体の調子はいいくらいなんじゃないですか?

ハンセン 末期は、身体中ボロボロだったからね。引退後に全身いろんなところを手術して、ようやく痛みから解放された生活を送れているんだ。

――僕らが子供の頃に憧れた外国人レスラーは、すでに亡くなられた方も多いですけど、ハンセンさんは強いイメージのまま引退されて、こうして今でも元気でいてくれているので、非常にうれしいです。それは猪木さんも同様なんですけど。

ハンセン ミスター・イノキにしても自分にしても、そういうふうに思ってもらえるのはうれしいし、身体が動かなくなる前に辞めたのは、良かったのかなと思うよ。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS