2022-03-06 18:30

RHYMESTER宇多丸「2022年度一発目、いきなり弩級の傑作、来ました!」

RHYMESTER宇多丸のマブ論
RHYMESTER宇多丸のマブ論

当連載的には今回からが2022年度のスタート……気が早いことに、いきなりもう、年間ベスト級の快曲が来ちゃってます!

昨年度、『ワ.ガ.マ.マ. MURO’s KG Remix』の群を抜いた洗練度で、久々に我々の度肝を抜いた東京女子流。最新シングル『days ~キミだけがいない街~』は、サウンドプロデュースにお馴染み宮野弦士を迎えた90’sテイストなR&Bで(個人的には、ヤマモトショウによる昨年のリルネード『フォークソング』との微妙なシンクロも感じます)、これまた当然のように最高の仕上がりなのですが……驚くべきことに、同じくAILIの作詞に加え、女子流では過去に2020 年の『薔薇の緊縛』(これもリアルタイムで聴き逃してしまっていたことが悔やまれる、超絶かっこいいシンセ・ファンクでした)も手掛けていたMasayoshi Kawabata作曲のカップリング『夢の中に連れてって』が、さらに輪をかけて、素晴らし過ぎる一曲なのです! アンニュイな表情のメロディと、どこかラテンな匂いもするゴージャスなアレンジが、大人っぽいミッドテンポの四つ打ちに異常なまでに映えまくる、まさに「今の」東京女子流おあつらえ向きのダンスチューン。文句なし、ただただひたすら、気持ちいい!

その『days』や、鞘師里保の『Take a Breath』(Michael Kaneko作曲の『Melt』などもイケ散らかしているEP『Reflection』収録)を始め、このところ立て続けに届いた宮野弦士ワークス、どれも高水準なのは言うまでもありませんが、フレッシュな顔合わせという点では何と言っても、昨年の真新しい名曲『愛わずらい』も記憶に新しいフリーランス・アイドル、文坂なののニューシングル『輝きin my love』にとどめを刺すでしょう。華やかでありながら抑制の効いた現代版ディスコ・アレンジはもちろん申し分のないクオリティですが、同時に、文坂なののヴォーカルそのものが持つ「アイドル的」としか言いようのないキラめきの強力さも、改めて再確認。ちなみにカップリング、LASTorder作詞・作編曲の『さよならクリエーター』も、耳に残るテクノ歌謡の良作でした!

――記事の続きは発売中の「BUBKA4月号」で!

宇多丸|ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー。放送業界の最高栄誉「ギャラクシー賞」を受賞するなど、メディアでの活躍もめざましい。

BUBKA4月号 コラムパックのご購入はこちら

BUBKA4月号 コラムパック
BUBKA4月号 コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 「ノイミー」永田詩央里のソロパフォーマンスから感じた情景
  2. 北野瑠華「SKE48は私を正しい道に導いてくれた」卒業を控えた心境を語る
  3. KEN THE 390×R-指定、続新・超ラップへの道
  4. 「ノイミー」永田詩央里のブログが良すぎる件
  5. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  6. R-指定(Creepy Nuts)が語るスチャダラパーの時代
  7. 音楽プロデューサー・石田ショーキチ「合唱ってすごく胸を打つんですよ。それで、合唱をやらせるしかないなと(笑)」
  8. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  9. 「イコラブ」野口衣織、大谷映美里に赤面…「これ見ていいの!?」
  10. 渡辺正行「テレビに出る前の原石を、たくさん見ることができたのは幸せですよね」
  1. 「ノイミー」永田詩央里のソロパフォーマンスから感じた情景
  2. 櫻坂46松田里奈の“パイまみれ”な姿に土田晃之「松田にはモザイクかけてください(笑)」
  3. 櫻坂46全国ツアー最終東京ドーム公演、2日間で11万人動員!海外からもBuddiesが駆けつける
  4. 日向坂46高本彩花1st写真集発売「天井を突き抜けるくらいうれしいです」自己採点は何点?
  5. 2号連続「櫻坂46祭」山下瞳月『週刊少年マガジン』表紙&巻頭を飾る
  6. 日向坂46濱岸ひより「1つもありませんでした」“名演技”にメンバーあぜん
  7. 櫻坂46山﨑天「まだまだ上があると思って私たちは活動している」
  8. 麒麟川島が櫻坂46のドーム公演に感動し、メンバーへの罰ゲーム免除!?とはならず中嶋優月が『ラヴィット!』で激すっぱ&激苦ドリンクの餌食に
  9. 乃木坂46・久保史緒里の新フォームがまさかの「ショートアーム」!?山本由伸オマージュの完成度と肌の白さで貫録を見せつけた!
  10. 櫻坂46 9thシングル特典映像「BACKS LIVE!!」ダイジェスト公開