2022-04-13 18:00

活動10周年のHKT48、次のステップに必要なものと若手メンバーの課題

「HKT48 LIVE TOUR 2022~Under the Spotlight~」より
「HKT48 LIVE TOUR 2022~Under the Spotlight~」より
©Mercury

4月8日、HKT48の全国ツアーが神奈川・よこすか芸術劇場大劇場より開幕した。2日後の東京・LINE CUBE SHIBUYAでは、メンバーを大幅に入れ替えて開催した。

昨年から今年にかけて、HKT48のメンバーに話を聞いてみると、「ツアーをやりたい!」と口をそろえた。コロナ禍もあり、なかなか実現できないでいたツアーがようやく実現する。メンバーの喜ぶ顔を想像しながら、渋谷へと向かった。

ここでHKT48の近況をおさらいしておく。HKT48のツアーは約3年ぶりのことだ。前回は2019年の夏から秋にかけて、九州7県を周った。ツアータイトルは、「あの支配人からの、卒業。」。指原莉乃が同グループを旅立った直後に開催されたものだった。圧倒的な人気と知名度、影響力を誇った指原がいない状態に在籍メンバーは奮起。1期生の松岡菜摘を中心に話し合いを重ね、グループは団結の方向へと進んだ。

翌年、コロナ禍が世界を襲った。HKT48はこの危機をオンライン演劇などでつないだが、このパンデミックはシングル『3-2』を披露する機会を奪った。初センターに立った運上弘菜は悔しさをにじませた。

2021年、またも転機を迎えた。宮脇咲良が韓国から戻ってきたが、HKT48からの卒業を発表した。人気メンバーだけに、グループにとっては大きな痛手だった。宮脇と同じく、渡韓して活動していた矢吹奈子はHKT48に復帰することになり、中心的な役割を果たすことになる。田中美久は初の写真集を発売するなど、グラビアで人気を博し、かつての“なこみく”とは違った形で2人が台頭してきた。こうしてHKT48は活動10周年を迎えた。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)