2022-05-17 21:50

古畑奈和「約11年間のSKE48人生に幕」笑顔でファンに卒業を報告

SKE48チームKⅡ「最終ベルが鳴る」公演より
SKE48チームKⅡ「最終ベルが鳴る」公演より
©2022 Zest, Inc.

SKE48劇場にてチームKⅡ「最終ベルが鳴る」公演が開催され、古畑奈和がSKE48を卒業することを発表した。

古畑は、2011年10月にSKE48第5期オーディションに合格。2012年にチームEへ昇格し、2013年から2015年まではAKB48と兼任し、選抜総選挙では2017年には14位、2018年には15位とAKB48の選抜メンバーとしても活躍した。

SKE48では、2013年の「美しい稲妻」でシングル初選抜入りを果たして以降、25thシングル「FRUSTRATION」では、センターを務めるなど、現在まで表題曲選抜メンバーとして活動中だ。

ソロとしてもこれまでシングルやミニアルバムの発売、ソロライブの開催など頭角を現し、テレビや舞台での演技、「AKB48グループ 歌唱力No.1決定戦」でもファイナリストの常連となるなど、多方面で才能を発揮している。

グループを牽引する存在の古畑からこの日の公演終演後、「私から伝えたいことがあります」とSKE48から9月末に卒業することを発表した。古畑は「これから皆さんにたくさんのありがとうを伝えていけたらと思います」と笑顔での報告となった。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)