2022-05-18 22:00

日向坂46齊藤京子「THE FIRST TAKE」グループからソロで初登場!「僕なんか」を披露

「THE FIRST TAKE」に出演する日向坂46齊藤京子
「THE FIRST TAKE」に出演する日向坂46齊藤京子

日向坂46の齊藤京子が、6月1日(水)に発売される7thシングルの表題曲「僕なんか」を、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露することが決定した。

今年3月末にグループとして初となる2日間計約10万人を動員した東京ドーム公演を経た日向坂46。日向坂46としては5月6日(金)に公開となった加藤史帆、佐々木久美、佐々木美玲、富田鈴花歌唱の「ドレミソラシド」に続いての出演。メンバーのソロ歌唱でTHE FIRST TAKEに出演するのは、今回が初となる。

「僕なんか」は3月31日に東京ドームで開催された「日向坂46 3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~」のアンコールにてサプライズで初披露となり、4月の上旬に日向坂46のオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されたミュージックビデオは、早くも460万回再生を突破している。

普段の日向坂46のイメージとは打って変わった、メッセージ性の強い歌詞が印象的な「僕なんか」を、齊藤京子の力強くも艶のある歌声が映える「THE FIRST TAKE」だけのピアノとストリングスのスペシャルアレンジで披露する。

齊藤京子コメント

この曲は日向坂46の7枚目シングルで、私たちの新曲となっています。いつものキャッチーでかわいらしい温かい雰囲気とは打って変わって初めてくらいに、日向坂46のネガティブな感じのメッセージの強い曲なので、日向坂46のターニングポイントになるような曲なんじゃないかなと思います。

今回 ソロっていうのもあるので、テンポを落としていて、ボーカルを引き立てるような伴奏になっています。やっぱり歌詞の主人公のように、自分なんかって思ってしまう時も私自身もあるので、その時の、ネガティブになってきてしまう時の自分を下ろして、そういうふうに歌いました。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)