2022-05-24 11:00

篠原涼子がシャンプー&トリートメントをプロデュース!こだわりポイントを明かす

プロデュースを手掛けた篠原涼子
プロデュースを手掛けた篠原涼子

女優の篠原涼子が、ヘアケアブランド「Perle Savon(ペルルセボン)」のシャンプー&トリートメントをプロデュースした。

シャンプーは髪と頭皮に刺激を与えないよう、天然由来成分を主として低刺激、かつ洗い心地を損なわないよう適度な泡立ちを確保。美しい髪に導くためのトリートメント成分が行き渡たりやすいように健全な頭皮環境を整えることを重要視した処方に仕上げた。

一方、トリートメントは、美しい髪の3大条件「ハリ・コシ・ツヤ」のある状態を目指すために、ぜいたく美容成分を配合するとともに、アミノ酸複合体による髪の保湿にこだわり、ダメージ補修後にキューティクルを保護する。

篠原涼子インタビュー

――シャンプーを作る上で最もこだわった点はどこですか?

篠原涼子:こだわった点は、いろんな専門家の方々に「泡立ちがあまりないものは髪の毛に対してすごく良い」と伺ったため、中間ぐらいの泡立ちを意識して、すごくこだわりました。指通りが良く、きしまずにさらっとして、洗い流したときに髪の毛が真っすぐになる、絡まってない、というようなところも意識してこだわって作らせていただきました。

――トリートメントを作る上で最もこだわった点はどこですか?

篠原涼子:最もこだわったところは、カラーやパーマで髪が本当に傷んじゃうと毛先に枝毛とかが出てきたりしてパサパサになってしまうんですね。そういったところを本当に改善してくれて、ちゃんと髪の毛の傷んだところはトリートメントでコーティングして保護してくれる。髪の毛が痛まないで済み、髪の毛にも地肌にもすごく良いものを、というところをこだわって作らせていただきました。

――どういった思いを込めて名付けましたか?

篠原涼子:名前は「ペルルセボン」意味は「真珠のような石鹸」。フランス語でその名前は「ペルルセボン」という言い方をするので、華やかな感じで品があってツヤが出る、真珠のようなイメージ。石鹸はすごく爽やかな香りでどんな人でも好きな匂い。また、この真珠っていうのが今回のシャンプーにはぴったりかなっと思ったので、この名前にさせていただきました。

――ペルルセボンに期待しているユーザーに向けてメッセージをお願いします。

篠原涼子:もう本当にこれは絶対に使って損はないと思います。香りが良いですし、ハリ・コシ・ツヤ、香りもしつこくなく、ちゃんとした爽やかな香りなので、男女問わず使えるシャンプーができたなと思います。

篠原涼子プロデュース「ペルルセボン」
公式サイト:https://perle-savon.jp/
販売サイト:https://perle-savon.com/

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)