2022-05-31 20:30

日向坂46ドキュメンタリー映画第2弾のタイトルが決定!金村美玖「本当に山あり谷ありな感じ」

“日向坂映画祭”舞台あいさつに登壇した竹中優介監督、金村美玖、河田陽菜、上村ひなの、刀根鉄太プロデューサー
“日向坂映画祭”舞台あいさつに登壇した竹中優介監督、金村美玖、河田陽菜、上村ひなの、刀根鉄太プロデューサー

日向坂46のドキュメンタリー映画第2弾「希望と絶望 ~その涙を誰も知らない~」が、7月8日(金)に公開されることを記念し、5月31日(火)、“日向坂映画祭”と題してドキュメンタリー第1弾「3年目のデビュー」と小坂菜緒主演のホラー映画「恐怖人形」の2本が同時上映。その合間には舞台あいさつが行われ、日向坂46から金村美玖・河田陽菜・上村ひなの、それにTBSテレビ刀根鉄太プロデューサー、TBSテレビ竹中優介監督が登壇した。

前作が公開され、そして今回新作の公開決定ということに金村は「もう2年たったんだというくらい、時間の流れがとにかく早くて。2年前というと、コロナ禍になりたてで、私たちもどうやってファンの方に思いを伝えようかなというのに悩んでいた時期なので、そういう葛藤とかちゃんとリアルに映っているのかなと思うと、ちょっと怖い部分もあるんですけど、ぜひじっくり見ていただきたいと思います」。

河田は「2年ぶりということで、竹中さんはずっと私たちの現場に毎回毎回入ってくださって、長い時間密着してくださったので、本当にたくさんの私たちが見られると思います。素の部分もたくさん見られるのかなと思うので皆さん楽しみにしていただけたらいいなと思います」。

上村は「ドキドキですね。私たちまだ実は見ていなくて、皆さんと同じ状況なんですけど。どんな素の部分が映っちゃっているのかなと、すごく緊張もしているんですけど、でも裏の部分まで好きになっていただけたらうれしいです」。

そしてこの日、第2弾のタイトルも発表された。それは「希望と絶望 ~その涙を誰も知らない~」。

金村は「(ここまで)本当に山あり谷ありな感じで、メンバーがなかなかそろわなかったり、そこから東京ドームにかけての道のりを全部、本当に細かく撮っていただいているので、映さない方がいいのかなというところも…竹中さんにはご迷惑をおかけしながら撮っていただいているので、どういう反応をいただくのか、ドキドキするんですが、これを見て、さらに日向坂46を好きになってもらえる、この子たち応援したいなと思ってもらえる作品になっていると思います」と、率直な心境を明かした。

河田は「おひさまの皆さんは、日向坂46は明るいグループという印象を持つ方が多いと思うんですけど、もちろん明るいグループなんですけど(笑)、でもその中で、一人一人の葛藤があったり、そういう部分がリアルに描かれていると思うので、皆さんの知らない私たちを、またスクリーンで見ていただけたらと思います」と、アピールする。

上村は「タイトルを聞いて思ったのは、皆さんの前に立っている私たちは希望・明るいイメージしか見えないかと思うんですけど、裏側にはそれぞれの葛藤、時には暗い気持ちになってしまうこともあったりもしたので、そういった部分も包み隠さず、この映画にしてくださっているのかなと思うので、この映画を見て、私たちのことを、本当の意味でももっと知っていただけたらうれしいです」と、大勢のおひさまに語り掛けた。

最後に金村は「本日はご来場いただきありがとうございます。短い時間ではあったのですが、皆さんのお顔が見られてうれしいです。映画のタイトルも公開されまして、これからどんな内容なのか、皆さんも気になっていると思うのですが、7月8日公開なので、1カ月ちょっとくらいです。またシアターに来ていただいて感想など聞かせていただけたらなと思います。ありがとうございました。楽しんでください『恐怖人形』を」と、丁寧にお辞儀をして舞台あいさつを締めくくった。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)