2022-06-02 18:10

“48グループ”それぞれが踏み出した一歩目

新公演「愛を君に、愛を僕に」の表題曲は、8期生の野村と9期生の青海がWセンターを務める
新公演「愛を君に、愛を僕に」の表題曲は、8期生の野村と9期生の青海がWセンターを務める
©2022 Zest, Inc.

AKB48が新曲『元カレです』を引っ提げて、多くの歌番組に出演している。「全盛期」と言われる過去の曲だけでなく、新曲を披露する機会が増えてきたのだ。オリジナル新公演がいよいよ開幕するSKE48を皮切りに、戦い方を模索している彼女たちの姿を追う。

アンナイズム継承

SKE48チームSの新公演「愛を君に、愛を僕に」がスタートした。5月17日の原稿執筆時点では、まだ無事に開催されたかどうかは定かではない。とにかくレッスン場でクラスターが起きていないことを祈る。もし発生した場合、初日が飛ぶ。せっかく選ばれた初日メンバーがアンダーに回る。それが怖い。それ以外のことについては安心している。なにしろ牧野アンナ先生が毎週レッスンを施しているのだ。先生の実績を考えれば、期待するなというほうが無理だ。小室哲哉氏と木根尚登氏が作詞作曲を担当していることも話題になっている。どんな曲が与えられるのか、まったく想像がつかなかったが、レッスンに密着して、一足先に4曲(表題曲を含む)を耳にすることができた。感想としては、公演曲らしく仕上がっていると感じた。中でもM2はファン好みというか、悶絶必至のメロにアンナ先生がピッタリな振り付けを乗せた。盤石の体制で泣かせにいっている曲だ。

今回、アンナ先生が担当することになってよかったと感じている理由はいくつもあるが、そのひとつは、メンバーが自分たちのダンスに疑問を感じるのではないかと思うからだ。公演などを観るにつけ感じるのは、メンバーが志しているダンスは揃えること、きれいに見えること、かわいく見えることではないかということ。それを武器に踊ることでファンが拡大すればいいのだが、実際はそうなっていない。たまに2009年のチームSの映像を見返すことがある。当時は感じなかったが、驚くほど雑に踊っている。粗削りというやつだ。今のほうがよっぽどきれいだ。

BUBKA (ブブカ) 2022年7月号電子版限定表紙を飾るSKE48野村実代&青海ひな乃
BUBKA (ブブカ) 2022年7月号電子版限定表紙を飾るSKE48野村実代&青海ひな乃

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)