2022-06-04 11:15

『砂まみれの名将 野村克也の1140日』著者・加藤弘士氏「勝手な使命感が」

「BUBKA7月号」に登場する加藤弘士氏
「BUBKA7月号」に登場する加藤弘士氏

ブブカがゲキ推しする“読んでほしい本”、その著者にインタビューする当企画。第43回は、『砂まみれの名将 野村克也の1140日』の著者である加藤弘士氏が登場。沙知代夫人の脱税スキャンダルにより阪神タイガース監督を辞任。そして、翌年、社会人野球「シダックス」のGM兼監督に就任した名将・野村克也。砂まみれの時代があったからこそ、野村克也は再生した――。埋もれかけていた3年間を掘り起こした、その真意を聞いた。

「砂まみれ」の意味

――「スポーツ報知」のアマチュア野球担当記者として、シダックス時代の三年間を追い続けた加藤さんにしか書けない名著でした。人間・野村克也の姿が、浮かび上がってきます。

加藤弘士 野村さんのWikipediaを見ると、シダックス時代って一瞬で終わっちゃうくらい短い記述しかない。当時、3年間番記者を担当したのが自分だけだったこともあって、自分が書き残さないと、歴史の闇に埋もれてしまうのではないか……、俺が書かずに誰が書くんだ! という勝手な使命感がありました(笑)。ただ、プロ野球や高校野球と比べると、社会人野球はあまり陽の当たる存在ではないので、書いたとしてもどれくらい世間に受け入れられるのかという心配もあったんですよね。ですから、今、たくさんの方に読んでいただいて、ご感想をいただいてるのはすごく嬉しいです。野村監督自身、シダックス時代を振り返るときって、一言二言で終わっちゃうんですよ。「あのときは、(シダックス会長である)志太勤さんにお世話になった。その感謝を俺は一生忘れない」とか。それだけで終わらせちゃっていいのかなと感じていました。今回、本を書き下ろすにあたって、当時の関係者20人以上にお話を聞き、その証言をまとめたんですけど、皆さんの中で、まだ野村克也は生きているんですよね。野村さんはもう亡くなってしまったけど、証言が生きているからこそ、あの3年間が立体的に浮かんできたところがあると思います。

――この世を去っているなど、すでに当事者のいないノンフィクションって、本人の後年の証言がないだけに、ややもすると物足りない読み物になることも珍しくない。ですが、本作は、それがまったく気にならないです。むしろ、「人を遺(のこ)す」ことをモットーにしていた野村さんの哲学や生き様が、遺された関係者によって語られるからこそ重みがあるというか。

加藤弘士 傍証をまとめていくうちに、できることなら改めて野村監督に取材したいという思いもあったのですが、そう言っていただけるのはうれしいです。少年野球でも使われるような砂埃が舞う「関東村」と呼ばれるグラウンドで、僕も番記者として一緒に砂まみれになってGATSBYで顔を拭いていました(笑)。自分にしか書けないものを書くことができたという意味では、野村監督も喜んでくれているのではないかと思いたいです。

「BUBKA7月号」コラムパック
「BUBKA7月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING17:30更新

  1. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  2. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  3. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  4. クリープハイプ尾崎世界観、「生きづらさ」ゆえに感じる「生きやすさ」…吉田豪による新連載スタート
  5. 掟ポルシェの「美食」に至る病、『食尽族』刊行記念抱腹舌倒インタビュー
  6. 紅白歌合戦からバラエティーまで…内田名人が振り返る年末年始テレビ番組
  7. 大森靖子「道重さんがよりよくなっていくから好きになるしかなくて」~吉田豪インタビュー 証言モーヲタ
  8. 吉田豪による「鈴木エイト×ロマン優光」スペシャルインタビュー
  9. 乃木坂46与田祐希「『難しいからやらない』『あきらめる』っていうのは絶対違うなと思う できる限りは全力で挑戦したいなって思います」
  10. 乃木坂46齋藤飛鳥、“嘘偽りのない言葉”でつづったファンへのメッセージ
  1. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  2. AKB48“17期研究生”山﨑空&水島美結、2回目のランウェイに緊張も「お洋服の良さを伝えることができた」
  3. SKE48北野瑠華、新企画提案に「面白そう! やりたいです」
  4. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  5. 乃木坂46山下美月、ファッションブランド「RESEXXY」ブランドモデルに就任
  6. AKB48水島美結×佐藤綺星×橋本恵理子…新生三銃士揃い踏み!17期生の次世代トライアングルが見せる希望
  7. 日向坂46丹生明里、表紙&巻頭グラビアを飾る「記念すべき特別な号で本当に光栄です」
  8. 乃木坂46田村真佑「すっごく寂しいです」、『レコメン!』卒業を語る
  9. NMB48安部若菜1st写真集発売決定「水着の撮影は1年ぶりで恥ずかしさも…」元気な表情からセクシーで大人っぽい姿まで
  10. =LOVE野口衣織「最初の頃は慎重すぎた」、表題曲初センターを振り返る