2022-06-04 20:15

R-指定(Creepy Nuts)、“R流”楽曲制作のロジックと計算式

R-指定(Creepy Nuts)
R-指定(Creepy Nuts)
撮影/河西遼

日本一のフリースタイル巧者かつ、数多の楽曲をリリースし続けているR-指定。今回は、当連載でこれまで意外と焦点を当ててこなかった彼のリリック制作について聞いてみました。ラジオなどで「産みの苦しみ」を語ることの多い彼は楽曲とどう向き合っているのか? イベントの今後についても語っています!

「リリックのコスパ」問題

――2022年2月号から4月号まで、RくんにはDABO『PlatinumTongue』に対する異常な愛情を語って貰いました。そしてその答え合わせといいますか、話した内容について、5月号ではDABOさん自らが直接お話をして頂く事ができました。

R-指定 ありがたいですね。いろんな言葉をかけて下さって、本当に感謝しかないです。

――その中で「俺はほとんど、9割9分ぐらいのリリックは、頭から普通に書いていく」とDABOさんは仰っていて。トークでは「韻の構成も含めて、リリックを入れ替えてないとこの構成は説明がつかない」とお互いに予想していましたが、見事に外れました(笑)。

R-指定 ねえ。ホンマですか? 凄すぎますよ(笑)。

――色んな予想や想像の7割は合ってたとDABOさんは仰ってくれたけど、ちょっとハズしてた3割の一部がその予想だったみたい(笑)。ちなみにRくんも頭からそのまま書いていくような、パズル的にリリックを組み替えない書き方はするの?

R-指定 最近作った何曲かはそういう構成でしたね。でも一筆書きはホントに何回かしたぐらいで、「どれがそうやったっけな?」ぐらいの感じですね。逆に、今っぽい構造の楽曲やったり、現行のヒップホップの流れに沿ったものを意識したほうが、パズル形式になっていくんですよね。

――そうなんだ。イメージ的には現行のラップや、TRAPのようなノリを重視したものほど、一筆書きのようなイメージがあるんだけど、実際はその逆という。

R-指定 あくまでも僕の場合は、なんですけどね。テークエムともよく話してるんですけど、USも含めた現行のヒップホップやTRAPも、いわゆる連呼系から一歩先に進んで、フレーズを連呼するんだけど、そこに同じフレーズのリフレインやったり、フロウが小節の同じ場所で循環してたり、もっとループ的な「旨味」を感じたり……そういう「構造」で聴かせる曲が多くなってると思うんですよね。基本的には近いフロウなんだけど、リリックの内容がちょっとずつ変わっていったりとか。だから、大枠のメロディやフロウが先にあって、それに沿って言葉をはめていくような曲の時の方が、俺はパズルを使ったりしますね。同じフロウで最後まで行き切る場合とかは特に。

「BUBKA7月号」コラムパック
「BUBKA7月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. ルルネージュ池田杏菜が明かす酔いどれ事件簿【BUBKAアワード】
  2. R-指定(Creepy Nuts)が語るスチャダラパーの時代
  3. NZA(永野)×D.O、楽しむという鎖に繋がれた異端児が再び交わる、白昼堂々130分!
  4. 乃木坂46齋藤飛鳥&星野みなみ「断られると思うけど飛鳥と二人旅に行きたい!」
  5. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  6. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  7. 日向坂46高瀬愛奈×富田鈴花、先輩後輩を超えた“ 推し”対談【BUBKA12月号】
  8. 乃木坂46弓木奈於、B級ニュースで話題の“ナカジマさん”「ナカジマさんっていう名前じゃなかった」
  9. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  10. 乃木坂46遠藤さくら「コントで恥を捨てられるようになったことはライブや歌番組での表現に活かせると思います」
  1. 櫻坂46的野美青、フレッシュ&ビューティーなグラビアショット「普段とは少し違った私、どうでしたか?」
  2. 乃木坂46・久保史緒里が推し球団・楽天の歴史的大敗で大荒れ!怒りの矛先は独走する若鷹軍団リスナーに!?
  3. 乃木坂46からの卒業を発表した阪口珠美の愛され力!1st写真集を後輩・小川彩は「表紙替えの写真集4パターンすべてを予約してくれた!」
  4. 渡邉美穂オリジナルブランド『No.25』第二弾発売記念グッズがオンラインで販売決定
  5. 日向坂46金村美玖が表紙に、富田鈴花が巻末グラビアに登場
  6. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学
  7. 日向坂46佐々木久美、話題の「ココイチFC新社長」諸沢莉乃氏に話を聞く
  8. 櫻坂46・小池美波がカムバック!休業期間を支えた後輩・遠藤理子の“深い愛”
  9. 乃木坂46早川聖来“卒業記念”写真集より裸足でちょこんと腰掛ける特典ポストカード図柄2種目解禁
  10. 櫻坂46の谷口愛季が作った超タイパ料理に、アルピ―平子「梅雨のジメジメを全て吹き飛ばす料理」と激賞!