2022-06-04 06:00

HKT48小田彩加の主演映画製作決定!撮影地&地元の北九州市を表敬訪問

北橋健治北九州市長とHKT48小田彩加
北橋健治北九州市長とHKT48小田彩加

福岡・北九州市を舞台とした短編映画「おばあちゃんのふるさと」の製作が決定。このたび、同市出身で、主演を務めるHKT48の小田彩加が、撮影地でもある同市を表敬訪問した。

本作「おばあちゃんのふるさと」は、観光地やグルメなど北九州市ならではの魅力とともに、孫とおばあちゃんの心温まる姿を描いたオリジナル短編映画。

小田は「自分が大好きな生まれ育った北九州での撮影。緊張しつつも懐かしさや楽しさを感じながら撮影を行いました。観てくださった方が北九州に帰りたくなったりおばあちゃんのことを思い出したりする、心温まる作品となりました。残りの撮影も頑張りたいと思います」と、メッセージを寄せる。

また、北橋健治北九州市長は「地方創生をテーマにした映画ということで、北九州の魅力を発信してくれてありがとうございます。観光名所やグルメなど、作品を通してストレートに魅力を表現していただいてうれしく思います。多くの人がふるさとに温かく懐かしい思いを抱かれると思います。映画の大成功と皆さまの益々のご活躍をお祈りしております」とコメント。

本作を手掛ける大橋孝史監督は「地方創生をテーマにした映画をいくつか撮影しており、プロデューサー馬場基晴の地元である北九州で撮らないわけにはいかない、と思い企画を実施。地元の人でしか知らない多くの魅力を伝え、そしてその場所に行きたいと思わせてくれる映像となりました。孫とおばあちゃんの関係性を描いた本作は、いろいろな世代の人が自分自身のふるさとを思い出すことのできるような描き方ができました」と、作品への手応えを語っている。

地方創生映画としては、STU48今村美月・石田みなみが出演した「酒蔵のむすめ」(京都・京丹後市撮影)、HKT48田中美久が出演した「ママのふるさと」(熊本・宇土市撮影)などがある。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)