2022-06-14 18:00

日向坂46金村美玖、渡邉美穂にエール「卒業しても関係は変わらない」「最後まで一緒に」

日向坂46上村ひなの、金村美玖、河田陽菜にインタビュー
日向坂46上村ひなの、金村美玖、河田陽菜にインタビュー
ヘアメイク:宇賀持萌、谷口理子/スタイリスト:中野みずき/衣装:To b. by agnès b.

日向坂46のドキュメンタリー映画第2弾「希望と絶望 その涙を誰も知らない」が、7月8日(金)から公開される。本作では、グループの念願だった“東京ドームライブ”を軸に、メンバーの知られざる一面に迫っている。今回、日向坂46の金村美玖・河田陽菜・上村ひなのに、その東京ドームライブ「3回目のひな誕祭」の感想や、今後の目標、さらに卒業を発表した渡邉美穂についても語ってもらった。

――度重なる延期を乗り越えて、ようやく東京ドームの舞台に立つわけですが、東京ドーム(ステージ)に“第一歩”踏み入れた時の印象は覚えてますか?

河田陽菜:最初はリハーサルで入ったんですけど、お客さんがいないのに圧倒される雰囲気があって、ここにお客さんが入ったら緊張して「大丈夫かな」という不安もあって。でも絶対成功させたいという思いもありました。楽しめるかなという不安もありつつ…でも圧倒されました、大きさに。

金村美玖:不安…と言いたいところなんですけど、リハーサルの前に、別の場所で“実寸”のリハーサルをしてて、大体頭の中でステージの大きさは把握できていたんです。ステージ自体はそんなに戸惑わなかったんですけど、でもその奥のお客さんとの高さにビビりました。一歩目は奥行きと高さがかなりあったので、前にやっていたリハーサルとの違いをそこで感じて「あ、本当にここに来たんだ」というのは実感しました。

上村ひなの:一歩目立った瞬間「これが憧れの東京ドームか」という、うれしい気持ちでいっぱいでした。でもよく分からない気持ちですかね…なぜ自分がここにいるんだろうかと思ったり(笑)、ここで私たち本当にライブをするのか、不安だったのかもしれません。

BRODY8月号
▼Amazonで購入

「BRODY8月号」表紙&巻頭を飾る日向坂46の二期生
「BRODY8月号」表紙&巻頭を飾る日向坂46の二期生

BRODY6月号
▼Amazonで購入

「BRODY6月号」は日向坂46東京ドーム完全読本“3回目のひな誕祭”42P大特集!
「BRODY6月号」は日向坂46東京ドーム完全読本“3回目のひな誕祭”42P大特集!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)