2022-06-22 18:00

ガールズユニット出身の日下部美愛、10年ぶり「東京グラフィティ」に登場『そして恥ずかしい』

女優の日下部美愛が「東京グラフィティ(7月号)」に登場
女優の日下部美愛が「東京グラフィティ(7月号)」に登場

バラエティー番組でも注目を集める女優の日下部美愛が、6月22日(水)に発売されたカルチャー誌「東京グラフィティ(7月号)」に、10年ぶりに登場している。

女性ダンス&ボーカルユニット「Prizmmy☆(プリズミー)」としてデビューし、現在は舞台やバラエティーなどで幅広く活躍している日下部。10年前、ダンススクールに通っていた日下部も、現在は22歳の女優へと成長した。

10年前はダンススクールの帰り道、原宿を歩いていたところを撮影してもらったとのこと。カメラマンに当時と同じポーズをお願いされると「このポーズよくしてたなぁ、今はキツイ!」と本音を漏らす。ダンス&ボーカルとして活動したいという夢をかなえた今、日下部の夢は何なのか注目したいところだ。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年7月号 BUBKA(ブブカ)2022年7月号電子書籍限定版「SKE48 野村実代×青海ひな乃ver.」 BUBKA(ブブカ)2022年7月号コラムパック
証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- Rの異常な愛情(R-指定)